【ICL体験記】経験者が徹底解説、ICL手術の適応検査とは

ICL手術について知る
  • ICLの適応検査は受けたほうがいいの?
  • ICLの適応検査はどこで受けられる?その内容や流れは?
  • 実際の体験談が聞きたい

こんな疑問やお悩みに答えます。

この記事でわかること

  • まずはICLの適応検査を受けたほうが良い理由
  • 適応検査の予約方法・内容・流れ、実際の体験談


この記事を書いている人:チルbot

  • 東大・海外大を卒業後、外資メーカー・外資戦略コンサル・VCにて勤務
  • ネットリサーチ、医師の友人・眼科の先生へのヒアリングを経て2020年にICL手術実施、視力は0.03から1.5へ。ICLは現時点で20代後半における最高の投資だったと考えています。


ICL(眼内永久コンタクトレンズ・フェイキックIOL)とは

  • 目の中にレンズを挿入してずっと裸眼で生活できるようにする最新の視力矯正方法
  • わずらわしい眼鏡やコンタクトレンズと一生おさらばすることが可能
  • 角膜を削るレーシックとは異なり、元に戻せるためリスクも低い

»参考:ICL(眼内コンタクトレンズ)とは?仕組みや特徴・歴史について徹底解説


読者の皆様への前置きメッセージ

ICLを受けるためには、適応検査を受けてICL適合の結果を得ることが必要です。そのため私はICLを検討している方には「まずは適応検査を受けてみる」ことをお勧めしています。

しかし、適応検査の内容や流れがわからず躊躇してしまっている方も多いのではないでしょうか。そんな方のために、ICL体験者の目線から適応検査に関するあらゆることをまとめました。

この記事を読めば、ICL適応検査の内容や流れ、実際の体験談がわかります。

ICL手術の適応検査とは

眼科・クリニックにいけばICL手術をすぐに受けられるわけではありません。外科的手術を伴うICLは、安全面を担保するために、入念な適応検査を受ける必要があります(2時間程度ですが)。

この結果によっては、なんとICL手術を受けられない可能性もあるのです。

ICL手術が気になったら、まずは適応検査を受けてみる

近視矯正や視力回復、ICLに興味を持っている方は、まずは検査を受けてみることをお勧めします。理由は3つ、①そもそもICLを受けられない可能性があるから、②解像度が圧倒的に高まるから、③無料で検査を受けられるクリニックがあるから、です。

まずは適応検査を受けたほうがよい理由
  • そもそもICLを受けられない可能性があるから
  • 解像度が圧倒的に高まるから
  • 無料で検査を受けられるクリニックがあるから

そもそもICLを受けられない可能性があるから

適応検査の結果次第では、ICL手術を受けることができません。ICL手術を受けられないパターンとしては主に以下のようなものが存在します。

ICL手術が受けられない主な場合
  • 年齢制限
  • 視力制限
  • 乱視制限
  • 後房空間の広さによる制限
  • 角膜内皮細胞の数による制限

散々調べて迷った挙句、適応検査を受けて不適合となると、費やした時間と労力が全て無駄になってします。そのためICLが気になる方は、まずは検査を受けてICL手術を受けられるかどうかを明らかにするのが賢い選択です。

詳しくは以下の記事にまとめているので、是非ご覧ください。

解像度が圧倒的に高まるから

まず、自分自身でICLについて調べることには限界があります。

そして残念ながらインターネット上には誤った情報も数多く掲載されています。私自身1週間ほどリサーチを行いましたが、一番解像度が高まったのが適応検査で眼科の先生から直接話を伺った時で、「最初からこうすればよかった」と思ったものです。

自分自身で無駄に時間や労力を費やすよりも、プロである眼科医に話を伺うのがよいでしょう。

無料で検査を受けられるクリニックがあるから

そして3つ目の理由は、ICLが受けられるかどうかの検査、そして眼科医の先生への相談を無料で行える眼科・クリニックがあることです。多くの病院は適応検査が有料、または手術に進んだ場合のみ無料となるのですが、品川近視クリニック・新宿近視クリニックでは適応検査・相談を無料で受診できます。

そのため、まずはICLが受けられるかどうかを判断し、眼科医の先生に話を聞いて解像度を高めた上で、しっかりと考えることができるのです。

適応検査を無料で受けることができる眼科についても調べているので、以下をご参考ください。

ICL手術の適応検査の流れ

それでは続いて、ICL手術の適応検査について具体的な流れや体験談を説明したいと思います。

適応検査・事前相談(無料)のWeb予約

私は品川近視クリニックで適応検査・事前相談を受けました。ICL手術ができる病院はいくつもありますが、適応検査・事前相談を無料で受信できるのは品川近視クリニック先進会眼科新宿近視クリニックの3つです。まずはお試しで受けることをお勧めします。

また私は品川近視クリニックに即決しましたが、セカンドオピニオンとして新宿近視クリニックに行っておいてもよかったなと思います。(品川近視クリニックに決めた後悔は一切ありません)

適応検査・事前相談はWebから簡単に予約ができます。まずは品川近視クリニックHPの右上、オレンジ色の「無料適応検査予約」ボタンを押して予約ページへ。

品川近視クリニックのホームページ
品川近視クリニックのホームページ

フォームに必要事項を入力すれば予約完了です。ここまで3分もかからないはずです。

品川近視クリニックの予約フォーム
品川近視クリニックの予約フォーム

Web予約で適応検査の予約が決定するわけでなく、折り返し電話がかかってくるので、そこで簡単な問診と検査日の確定を行います。

電話問診

私の場合、Web予約の翌日に折り返しの電話がありました。10分ほどで以下の内容を確認します。

電話での確認事項
  • 入力内容の確認
  • 簡易問診
  • 検査日の決定
  • 検査当日の持参物連絡
  • 検査までの注意事項

入力内容の確認

Web予約で入力した内容も含め、以下の内容について簡単に確認を受けました。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 直近1か月でコンタクトをつけたまま寝落ちしたことがあるか
  • 想定支払い方法(クレジットカード/現金/ローンなど)
  • クーポン利用や他者紹介の有無

簡易問診

事前検査にあたって、以下の内容の確認を受けました。

  • コンタクトを使用しているか
  • コンタクトの種類・度数
  • 乱視用レンズを使っているか
  • 病気などの有無

検査日の決定

適応検査の日程調整を行い、検査日を決定しました。

事前検査、その先の手術に際しては様々な制限・禁止事項が存在するので、以下を確認するとスムーズにスケジュールを決められるかと思います。

検査について、まずは無料で「①適応検査」を受け、ICL手術が可能と判断されて手術を受ける意思が固まったら「②手術前検査」へと進む流れになります。しかし、すでに手術を受けると決めている場合は、①と②を1日にまとめて受けることができるのです。

  • ①適応検査(3-4時間)
    ・ICL手術が可能かどうかを調べる目の診断
    ・無料で検査可能
  • ②手術前検査(2-3時間)
    ・ICL手術を受ける前提で行う検査
    ・ICLコンタクトレンズの度数・サイズを決定
    ・コンタクトレンズ代19万円の支払いが発生(※分割払い可能)

私は事前検査でICL手術が可能という診断が出たら手術を受けると決めていたため、時間効率も考えて1日にまとめることにしました。リモートワークで私のスケジュールも柔軟だったため、電話問診の1週間後の平日に検査日を決定しました。

検査当日の持参物

検査当日には以下のものを持参するように伝えられます。(私の時だったので同じとは限りません)

検査当日の持参物
  • 現住所が分かる身分証
  • 眼鏡(使っていれば)
  • コンタクトの度数が分かるもの(私は自己申告で問題ありませんでした)
  • 印鑑(シャチハタ可)
  • クレジット or 現金(コンタクトレンズレンズ代19万円 ※適応検査のみの場合は不要)
  • 健康保険証(※ICLは健康保険適用外の手術ですが、適応検査時に何らかの眼の病気が見つかった場合、その病気に対する検査・治療には健康保険をご利用できるため持参くださいとのことでした。)
  • 割引クーポン(もし持っていれば ※こちらから入手可能です

検査までの注意事項

検査までの注意事項としては、以下の3点を伝えられました。

検査までの注意事項
  • ソフトコンタクトレンズを利用している場合:
    • 通常レンズ:検査の3日前から利用をストップ
    • 乱視レンズ:検査の7日前から利用をストップ
  • ハードコンタクトレンズを利用している場合:
    • 種類問わず:検査14日前から利用をストップ
  • 検査当日は運転NG:検査で瞳孔を開く目薬を使うため

コンタクトレンズの利用を止めるのは、日々のコンタクトレンズ利用で凹んだ角膜を元の状態に戻して、正しく検査を行うためです。精密な検査を行うため、ひいては安全にICL手術を受けるために必ず守りましょう。私はソフトコンタクトレンズを利用していたので、検査3日前から眼鏡で生活していました。私は眼鏡が大嫌いだったので「一刻も早く裸眼になりたい」と気持ちを新たにしました笑。

繰り返しになりますが、他の禁止事項を踏まえたスケジュールについては以下の記事にわかりやすくまとめています。

事前検査(適応検査・手術前検査)

いよいよ事前検査(適応検査・手術前検査)当日です。

品川近視クリニックへのアクセス

私が事前検査を受けた品川近視クリニック東京院は、有楽町駅から徒歩1分、銀座駅からは地下通路直結のビルの13Fの場所にあります。

検査では特殊な目薬を使うので帰りは若干見えにくくなりますが、特にタクシーなどを手配する必要はないかと思います。

適応検査の内容

品川近視クリニックに到着しICL手術の適応検査を受けに来た旨を伝えると、アンケートと問診票を手渡されるので記入、簡単な問診を受けます。

それが終わると待合室に通され、以下の適応検査を順番に受けていきます。

適応検査の内容
  • 眼に関する様々な検査
  • 視力測定
  • ICLの説明・相談
  • 診断結果の報告

待合室は広々としてテレビも設置されており、Wifiも通っているので非常に快適でした。

眼に関する様々な検査

担当者に名前を呼ばれ、検査室に移動するとまずは眼に関する様々な検査を行います。合計で20種類近くあったように記憶しています。

眼に関する様々な検査の内容
  • 視力(よくあるバルーンを見るやつです)
  • 眼圧検査
  • 角膜細胞の数・大きさ・形状の測定
  • 瞳孔の幅、眼球の長さの測定
  • レンズを埋め込む後房空間の幅・深さ

「眼球の長さの測定」など少し怖く聞こえますが、普通の眼科で行うような検査を繰り返すだけです。30分ほどで検査が終了すると、部屋を変えて次は視力測定を行います。

視力測定

近視に苦しめられてきた今までの人生で数多くの視力測定を行ってきましたが、その中でも最も精密な視力測定を受けました笑。用いるのは通常の視力測定器なのですが、度数の低いレンズから度の高いレンズへと何回もレンズを交換して測定を行いました。

眼に埋め込むレンズの度数があっていない大変なので、これだけしっかり検査してくれるのは逆にありがたかったです。ちなみに眼科やコンディションによって測定結果が変わることもあるようなので、セカンドオピニオン的にも複数の眼科で検査を受けると良いかと思います。

30分ほどで測定が完了すると、再び待機室で待機するように伝えられます。

プロの眼科医の先生による診察、ICL手術の説明・相談

10分程待つと名前を呼ばれるので、眼科医の先生による診察を受けた後、ICLについて説明を受けたり、質問・疑問などの相談をすることができます。

診察としては、目に光を当てられ網膜の状態を確認されます。目に光を当てられた状態で上下左右様々な方向に目を向けるよう指示を受けて、細かく目をチェックされました。

診察は1分ほどで終わるので、先生に不安点や疑問点を相談します。僕の場合は「ICL手術後にスポーツができるかどうか」を改めて相談しました。ボクシングなど目に直接強い衝撃が当たるスポーツ以外は問題ないとのことで安心したのを覚えています。知っている知識も含め、医療の専門家から改めて確認ができたので、やはり検査を受けて良かったと思いました。

診断結果の報告

待合室で待機していると数分ほどで医師に呼ばれました。診断結果は問題ないとのことで、診察室でICLの施術をするか確認を受けることに。これだけ丁寧に検査をしてくれたこと、説明に納得がいったことから、品川近視クリニックで施術して大丈夫だと考え、手術をお願いすることとなりました。

再び待合室へと戻り、会計を待ちます。自分の場合不安などはあまりなく、様々なリサーチなどを経てようやくここまでたどり着いたということ、本当に裸眼生活を手に入れられる実感が湧いてきたことで、大きな一歩を踏み出した充実感で一杯でした(笑)。

会計

会計に呼ばれ、レンズ代としてクレジットカードで190,000円の支払いを行いました。残りの金額は手術当日に支払います。私の場合は一括で支払いを行いましたが、品川近視クリニックでは金利無料の分割払いなどにも対応しているので支払い方法も手持ちに合わせて柔軟に決められます。

その後、手術3日前から点眼する目薬や、手術当日の注意事項、そして書類の説明を受け、書類一式と目薬を受け取り適応検査が終了しました。時間は3時間半ほどだったように思います。

まとめ

ICL手術の事前検査についてその体験談を紹介させていただきました。手術当日まで、そして手術当日の様子はまたご紹介するのでお楽しみに!

ICLを検討している皆様の参考になればと思いますが、あくまで私個人のヒアリング・調査・体験を元にしたものです。繰り返しになりますが、全てを鵜呑みにするのではなく、正確な情報は必ずプロの眼科医の先生に確認するようにしてください。

無料での相談・適応検査が可能な眼科・クリニック

何度でも伝えさせて頂きますが、目は一生物の器官です。裸眼生活の快適さは言葉に尽くしがたいですが、疑問や不安をほったらかしてはいけません。しっかりと納得した上でICLを受けるようにしてほしいと考えています。

一方で、自分で調べることには限界があります。インターネットであることないことを探して時間も精神も消耗するのではなく、知識をもった先生に相談をして情報収集することが一番です。

ICL手術をするか決まっていなくても、無料で相談・検査が受けられる眼科・クリニックがあるため、まずは無料相談を活用し、疑問や不安を解決することを筆者はおすすめします。

また、ICLなどに関するご質問・ご相談、受け付けているのでお気軽にどうぞ!(品川近視クリニックの紹介割引についてもこちらからお願いします)

コメント

タイトルとURLをコピーしました