ICL検討者必見!ICL手術が受けられない場合とそれを調べる方法

東大・海外大を卒業後、外資メーカー・戦略コンサル・VCで勤務していた「チルbot」です!メガネ・コンタクト歴は20年以上、昼になるとドライアイで目がカピカピ。そんな状況を変えようと、医師の友人や眼科の先生へのヒアリングを経て2020年にICL手術を実施、視力は0.03から1.5となり夢の裸眼生活を実現。ICL手術は間違いなく20代での最高の投資でした。

(※私が受けたICL手術については、全国のおすすめ眼科を地域別にまとめているので是非参考にしてください  北海道・札幌  東北  埼玉  千葉  東京  神奈川  静岡  愛知・名古屋  大阪・関西  広島・岡山  福岡・九州 )

今回はこんな悩みを解決できる記事を書きました!

快適な裸眼生活を手にすることができるICL手術ですが、誰もが受けられるわけではありません。実はICLには適合・不適合があり、不適合の場合はそもそもICL手術を受けることができないのです。

これは決して珍しいことではなく、検査を経て適応外となり泣く泣くICLを諦めた友人も数名います。

この記事を読めば、ICL手術不適合となる主なパターンやその理由を理解することができます。

(※ICL手術が気になっている方は、品川近視クリニック(東京・大阪・名古屋・北海道・福岡)、先進会眼科(東京・大阪・福岡)、新宿近視クリニック(東京)では検査の受診と眼科医の先生への相談が無料でできるのでおすすめです(詳しくはこちらの記事をご覧ください))

ICL手術が受けられない主な場合

それでは早速ですが、ICL手術が受けられない(適応外・不適応)主なパターンは以下の通りです。

”ICL手術が受けられない主な場合
  1. 年齢制限
  2. 視力制限
  3. 乱視制限
  4. 後房空間の広さによる制限
  5. 角膜内皮細胞の数による制限

それぞれについて詳しく説明させていただきます。

年齢制限・視力制限・乱視制限

最初の3つ、年齢制限・視力制限・乱視制限の3つについては、ざっと申し上げると以下のような場合が存在します。

ICLの年齢制限・視力制限
  1. 18歳未満である(過去1年間の視力が安定していない)
  2. 老視年齢(一般的に45〜50歳以上)である
  3. 近視が3D以上6D未満、または15D以上の場合は慎重に対応
  4. 乱視の円柱度数が+4.0D以上の方は乱視レンズの利用が不可
  5. 乱視が不規則な場合は乱視レンズの利用が不可

年齢についてはすぐわかると思いますが、視力・乱視についてはわからないことも多いかと思います。また眼科・クリニックによって基準や検査結果が異なることがあるので、上記に該当していたとしても諦めず、まずは事前検査を受けてみることをお勧めします。

詳しくは以下の記事にまとめておりますのでご参考ください。

後房空間の広さによる制限

4つ目の「後房空間の広さによる制限」については「ICLコンタクトレンズを埋め込む空間が存在しない場合があるから」というのが理由となります。ICLの仕組みも含めて説明させてください。

ICL手術の仕組み

おさらいにはなりますが、眼球の中にある前房・後房というスペースのどちらかに小さなコンタクトレンズを入れることで視力を矯正するのがICLの仕組みになります。

ICL手術の仕組みと、前房型・後房型の違い

前房のスペースにレンズを入れる前房型ICLの場合、

  • レンズを固定する虹彩が衝撃を受けたりするとレンズが外れることがあること
  • レンズが角膜内皮面に近いため角膜内皮細胞への影響が発生する可能性があること
  • 切開創を大きくしないといけないので、手術後に乱視が残りやすいこと

といった欠点があるため、現在国内で行われているICLは多くが後房にICLを入れる後房型ICLです。

後房空間の広さにICLの可否が左右される

そして、この「後房空間」が狭すぎる場合はICLレンズを挿入できないので、ICL手術適応外になるのです。

後房の広さには個人差があるため、その広さに合わせてICLのレンズも4種類の大きさがあります。そのため手術前の事前検査で「後房に十分なスペースがあるか」「十分なスペースがある場合はどの大きさのレンズが適するか」を調べるのです。

以上のように、理論的には後房空間の広さによってICL手術が受けられないのですが、一番小さいサイズのレンズですら入らない場合のみが該当するので、実際はごく稀なパターンであると思います。

角膜内皮細胞の数による制限

角膜の最も内側にある細胞・角膜内皮細胞の数(密度)もICL手術に大きな影響を与えます。具体的には、角膜内皮細胞の数(密度)が、2200個/mm2を下回るとICL手術を受けられないのです。

また、ICLに関して最も誤解が多いのがこちらの角膜内皮細胞になります。「ICLを受けると角膜内皮細胞が死滅する」など様々な噂がされていますが、ファクトともにこちらの記事で詳しく説明しておりますので、興味がある方は是非ご覧になってください。

ICL手術の適応・不適応を調べる方法

それではこれらの条件について、どのように調べればよいのでしょうか?

方法はたった1つです、ICLに対応している眼科・クリニックに行って調べてもらうしかありません。その際には、①なるべく早く検査をすること、②無料で検査ができるクリニックを選ぶこと、の2つのポイントがあるので説明させていただきます。

なるべく早く検査をすること

ICLについて時間をかけて調べ、迷った挙句、結局不適合で受けられなければ、費やした時間と労力が全て無駄になってしまいます。

そのため、まずは検査を受けてICLが受けられるか受けられないかを調べるとともに、話を聞いて解像度を上げるべきです。もしもICLが受けられなければ別の視力回復方法を検討するという結論を出すことができます。

実際に私の友人は、レーシックなどと比較したり、手術が怖かったりと踏み出すまでに半年の時間をかけた結果、検査を受けて不適合となってしまいました。かくいう私も1週間の時間をかけてしまいましたが、今思えばすぐに検査を予約すれば良かったと思っています。

無料で検査ができるクリニックを選ぶこと

そして、通常は有料となる検査を無料で受けることができる眼科・クリニックが存在します。

東京・大阪・名古屋・札幌・福岡に展開している品川近視クリニック、そして東京・大阪・名古屋・福岡に展開している先進会眼科、新宿にある新宿近視クリニックでは、ICLが受けられるかどうかの適応検査、そして眼科医の先生への相談を無料で受診することができるのです。

これらのクリニックはICLの事前検査と相談を無料で実施しているため、ICLに適応しているかどうかを調べるとともに、プロの眼科の先生に直接詳しい話を伺うことができます。

他の眼科を検討している場合でも、まずは品川近視クリニック・新宿近視クリニックでICL適応をしているかを無料で調べ、検討するというのが賢い選択だと考えています。

受けて損はない適応検査、申し込み方法についてはこちらの記事で詳しく紹介しているので是非ご覧ください!

まとめ

それでは改めて以下にポイントをまとめさせていただきます。

  • ICL手術が受けられない場合が存在する
  • ICL手術の適応/不適応は眼科・クリニックの検査でしか調べられない
  • 無料で事前検査を受信できる眼科・クリニックがあるので活用する

まずはこの記事を読んでくださった皆様が検査を受けてICL手術への第一歩を踏み出し、ICL適応であることを祈っております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。