ICL手術は痛い?怖い?視界にはメスが見える?経験者が教えます

東大・海外大を卒業後、外資メーカー・戦略コンサル・VCで勤務していた「チルbot」です!メガネ・コンタクト歴は20年以上、昼になるとドライアイで目がカピカピ。そんな状況を変えようと、医師の友人や眼科の先生へのヒアリングを経て2020年にICL手術を実施、視力は0.03から1.5となり夢の裸眼生活を実現。ICL手術は間違いなく20代での最高の投資でした。

(※私が受けたICL手術については、全国のおすすめ眼科を地域別にまとめているので是非参考にしてください  北海道・札幌  東北  埼玉  千葉  東京  神奈川  静岡  愛知・名古屋  大阪・関西  広島・岡山  福岡・九州 )

今回はこんな悩みを解決できる記事を書きました!

ICLについて、友人やお問い合わせフォームなどからお問い合わせをいただく中で、よくいただくのが「ICL手術は痛いんですか・・・?」という不安まじりの質問です。

私もICL手術を知ったときは「目にメスを入れるなんて信じられない!」という思いましたし、人によって「痛い」「痛くない」という意見が混在しているため、不安に思う方も多いでしょう。

実際の経験に基づいて解説するので、この記事を読めば、ICL手術中の痛みや視界、怖いかどうかがわかります

(※ICL手術が気になっている方は、品川近視クリニック(東京・大阪・名古屋・北海道・福岡)、先進会眼科(東京・大阪・福岡)、新宿近視クリニック(東京)では検査の受診と眼科医の先生への相談が無料でできるのでおすすめです(詳しくはこちらの記事をご覧ください))

ICL手術は痛いか、怖いか、視界はどうか(メスが見えるか)

それでは早速、「ICL手術は痛いか、怖いか、視界はどうか(メスが見えるか)」をご説明したいと思います。あくまで私の感想ではありますが、以下の通りでした。

ICL手術は痛いか、怖いか、視界はどうか(メスが見えるか)
  1. ICL手術は痛い?:眼球自体は麻酔で痛くないが、周辺は痛いこともある
  2. ICL手術は怖い?:精神的な嫌悪感は拭えないがあっという間
  3. 手術中の視界は?メスは見える?:光と水でメスもよく見えない(怖くない)

それぞれについて、実際の経験から詳しく説明していきたいと思います。

ICL手術は痛いか?

「ICL手術が痛いかどうか」については人によって意見が分かれるところですが、私個人としては「眼球自体は麻酔で痛くないが、周辺は痛いこともある」という感想です。

人によって意見が異なることの理由も含めて解説させてください。

ICL手術が痛いかどうか、人によって意見が異なる理由

私もICL手術を受ける前、経験者に何人か話を聞いたのですが「全然痛くなかった!」という人もいれば「結構痛くて大変だった」という人もいて、あまり参考にならなかったことを覚えています。

手術を受けた今だからこそ分かるのですが、これは「ICL手術を行う眼球自体の痛み」「眼球周辺など眼球以外の痛み」を混在していることが原因だと思います。よって

  1. 手術を行う眼球自体の痛み
  2. 眼球周辺など眼球以外の痛み

に切り分けてご説明したいと思います。

ICLs手術を行う眼球自体の痛み

手術を行う眼球自体の痛みについては「痛みはない」という回答になります。

ICL手術前には目薬式の麻酔を点眼され、眼球に部分麻酔がかかった状態で手術を受ける形になります。そのため「角膜にメスで切れ目を入れる時に痛い」「レンズを挿入する際に痛い」と言ったことは私の場合は一切ありませんでした。

一方で、眼球への麻酔に限らず麻酔が効きにくい体質の方は存在するため、そのような方は痛みがあるということもあるかもしれません。不安であれば手術前の検査段階で眼科医さんに相談すると良いかと思います。

そして、痛みはないものの、レンズを挿入する際に眼球が押される感覚はあります。特にレンズの位置を調整する時は、目を押されるような圧迫感があります。違和感・不快感という感じです。

眼球周辺など眼球以外の痛み

眼球周辺など眼球以外の痛みについては「痛みは若干ある」という回答になります。

眼球に手術を施すICL手術においては、術中に瞬きをしたりすることが決してないように、専門の器具でまぶたが固定されて目を開いた状態にされます。その際に少し痛みを感じたようなことは私自身の体験としてもあったので、「ICL手術は痛かった!」という方の感想はほぼ全てがこちらに該当するのではないかなと思います。

私の場合、決して体が動かないように力を入れた状態にしていたので、体が強張ってしまい、それで痛みが生じるというようなこともあったりはしました(笑)。

ICL手術は怖いか?

続いて「ICL手術は怖いかどうか」についてですが、こちらは「怖い」という感想でした笑。まぁ当然ですね。

後述しますが、手術中の視界は光と水でボヤけているため、眼球に迫るメスや、メスが切れ目を入れている様子が見えるということは決してありません。

見えないからと言って怖さがなくなるわけではない

しかし、見えないからと言って怖さがなくなることは決してありません。私自身「絶対に裸眼生活を手に入れるんだ!」という気持ちから手術をためらう気持ちは一切ありませんでしたが、それでも手術の瞬間はやはり怖いものです。一方で、始まってしまうと「絶対に乗り切ってやるぞ!」と踏ん切りがついて、10分間の手術が終わると「自分は困難を乗り越えて裸眼生活を手にしたんだ!」という達成感でいっぱいでした。

ICL手術はジェットコースターのようなもの

私がICL手術をよく例えるのは「ジェットコースター」です。体験する前は怖い気持ちが止まらず、いざ乗り込んでみるとあっという間にスリリングな時間は過ぎ去り、最後には「やり切った」という気持ちが残る、そんなイメージです。

ICL手術の視界は?メスは見える?

最後に「ICL手術の視界はどうか、メスは見えるか」についてですが、「光と水でよく見えずボヤけており、メスも見えない」という結論になります。どういうことか、詳しく解説させてください。

ICL手術中は強い光と水を当てられている

まず、ICL手術中は目に強い光と水を当てられている状態になります。光に関しては手術前から当てられ、この光をずっと見ているように指示を受けます。そして水、正確には「洗浄液」については、手術中に万一の異物混入を防ぐために常に当てられるのです。

ICL手術中の視界は水中にいるようなイメージ

結果として、手術中の視界は「水中にいるような感覚」に近くなります。プールや海に潜って裸眼で上を見上げると、光や水でボヤッとした視界になると思うのですが、そのイメージが最も近いです。

ICL手術中の視界のイメージ(メスは見えない)

結果として、ICL手術中はメスは見えない

この結果として、ICL手術中はメスは見えません。私自身も「目にメスを入れられる」ということを意識していたので、怖いもの見たさで注意していたのですが、その瞬間は全くわかりませんでした。

まとめ

ICL手術は痛いか、怖いか、視界はどうか(メスが見えるか)について解説させていただきました。

どれだけ聞いても不安になる方はいるかと思いますが、きっと不安なのはみんな一緒です。最後はやるかやらないかの腹の括り方なので、背中を押すきっかけになれば幸いです。

ICL手術に興味を持った方は、こちらから近くのおすすめ眼科やクリニックを探し、まずは適応検査の受診と眼科医の先生への相談をしてみましょう!

(※ICLを検討している皆様の参考になればと思いますが、あくまで私個人のヒアリング・調査・体験を元にしたものです。繰り返しになりますが、全てを鵜呑みにするのではなく、正確な情報は必ずプロの眼科医の先生に確認するようにしてください)

無料での相談・適応検査が可能な眼科・クリニック

ICL手術で手に入る裸眼生活の快適さは言葉に尽くしがたいものがあります。

一方で自分で調べることには限界があり、適応検査で不適合となればそもそもICL手術を受けられないので、早めに適応検査を受診して知識をもった先生に相談することが一番です(適応検査を早めに受ける重要性についてはこちらで詳しく解説しています)。

ご紹介したように、品川近視クリニック(東京・大阪・名古屋・北海道・福岡)、先進会眼科(東京・大阪・福岡)、新宿近視クリニック(東京)ではICL手術をするか決まっていなくても無料で相談・検査が受けられるので、まずは早めに手術の可否を明らかにすることを筆者はおすすめします。

費用が高すぎてICL手術はちょっと……という場合でも、プロの眼科医の方に相談すれば比較的安価な最新のレーシック手術を受けるという判断もできると思います。

より詳しく聞きたい・判断がつかないという方は、ご質問・ご相談、受け付けているのでお気軽にどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。