【2021年】北海道・札幌のICLおすすめ眼科は?全9病院を徹底比較

全国おすすめICL眼科・クリニック
  • 北海道・札幌でICLが受けられる眼科・クリニックは?
  • おすすめの病院はどこ?その理由は?
  • 費用や詳細は?最安値で受けられるのはどこ?

こんな疑問やお悩みに答えます。

この記事でわかること

  • 2021年最新版、北海道・札幌のICL対応・全9眼科を網羅した情報、相場や最安値
  • どういった基準で眼科・クリニックを選べば良いか
  • おすすめICL対応眼科はどこか、その理由は何か


この記事を書いている人:チルbot

  • 東大・海外大を卒業後、外資メーカー・外資戦略コンサル・VCにて勤務
  • ネットリサーチ、医師の友人・眼科の先生へのヒアリングを経て2020年にICL手術実施、視力は0.03から1.5へ。ICLは現時点で20代後半における最高の投資だったと考えています。


ICL(眼内永久コンタクトレンズ・フェイキックIOL)とは

  • 目の中にレンズを挿入してずっと裸眼で生活できるようにする最新の視力矯正方法
  • わずらわしい眼鏡やコンタクトレンズと一生おさらばすることが可能
  • 角膜を削るレーシックとは異なり、元に戻せるためリスクも低い

»参考:ICL(眼内コンタクトレンズ)とは?仕組みや特徴・歴史について徹底解説


読者の皆様への前置きメッセージ

最近ではICL手術を提供する眼科・クリニックも増えてきています。ICLの情報も限られており、「どこを選べば良いか分からない」という人も多いのではないでしょうか(僕がそうでした)。

皆さんには「近くにあるから」「アクセスがよいから」という適当な理由ではなく、最適な眼科・クリニックを選んでほしいと思っています。

この記事を読めば、北海道札幌市・旭川市・江別市)のICL対応全9眼科を踏まえて、おすすめ眼科がどこか、その基準とともにわかるようになります。※大切な目に関わることをしっかりと理解して頂きたいので非常に丁寧に説明していますが、早くおすすめ眼科を知りたいという方はこちらからご覧ください

北海道のICLおすすめ眼科

早速ですが、北海道のICLおすすめ眼科は以下の通りです。

北海道のICLおすすめ眼科

一択になってしまいましたが、ICL対応眼科が少ない北海道においては、あらゆる観点から比較して品川近視クリニックが圧倒的です。(一通り調べているつもりですが、知識不足で他にいい眼科があるようでしたら是非教えたいただけたら有り難いです・・・!)

この裏付けについて、北海道内のICL対応眼科を列挙した上で、その理由を解説してゆきます。

北海道・札幌でICLに対応している眼科・クリニック一覧

まずは、2021年最新版・ICLに対応している北海道の全9眼科・クリニックと、その費用比較を紹介します。

#地域眼科・クリニック最寄駅費用備考
1札幌市品川近視クリニック 札幌院●JR 札幌駅●両眼:460,000円~
●両眼(乱視あり)560,000円~
●国内ICL最安値
●無料での適応検査・相談が可能
●ICL手術で2019年国内最多症例数を受賞
2大橋眼科●札幌地下鉄東西線 南郷7丁目駅
●JR 白石駅
●JRバス 本通5丁目停留所
●北海道中央バス 本通3丁目北停留所
●両眼:714,000円
●両眼(乱視あり):816,000円
3札幌かとう眼科●札幌地下鉄東豊線 新道東駅●両眼:660,000円
●両眼(乱視あり):660,000円
4スワンアイクリニック●地下鉄南北線・東西線・東豊線 大通駅●両眼:600,000円
●両眼(乱視あり):700,000円
5高柳眼科クリニック●JR札幌駅
●札幌市営地下鉄南北線 さっぽろ駅
●両眼:880,000円
●両眼(乱視あり):990,000円
6旭川市いずみ眼科●JR宗谷本線 新旭川駅●両眼:600,000円
7旭川市たかみや眼科●JR北海道富良野線
神楽岡駅
不明
8江別市江別こばやし眼科●JR北海道函館本線
高砂駅・江別駅
●両眼:600,000円
●両眼(乱視あり):700,000円
9川口眼科クリニック●JR北海道函館本線
野幌駅
●両眼:600,000円
●両眼(乱視あり):700,000円

札幌市・旭川市・江別市には対応眼科が存在することが分かります。

まずは費用面について見ていきましょう。

「費用」について

北海道のICL手術平均費用・相場

上記の表から算出される、北海道のICL手術平均費用は下記の通りです。

北海道のICL手術平均費用
  • 乱視なし:平均費用639,250円(税込)
  • 乱視あり:平均費用732,285円(税込)

つまり63万円より安ければ相場より割安、63万円より高ければ相場より割高ということです。また全国各地のICL平均費用は以下の通りで、北海道のICL平均費用は全国平均より若干割高であると言えるでしょう。恐らくはICL対応眼科が少ないため価格競争が起こっていないのだと思います。

全国のエリア別ICL手術平均費用
  • 東京都
    • 乱視なし:平均費用663,763円(税込)、乱視あり:平均費用722,635円(税込)
  • 大阪・京都・神戸(関西地方)
    • 乱視なし:平均費用615,923円(税込)、乱視あり:平均費用706,692円(税込)
  • 愛知・名古屋(中部地方)
    • 乱視なし:平均費用705,583円(税込)、乱視あり:平均費用782,818円(税込)
  • 福岡・九州(九州地方)
    • 乱視なし:平均費用568,000円(税込)、乱視あり:平均費用623,714円(税込)

北海道のICL手術最安値・最高値

そして、気になる北海道のICL最安値・最高値は下記の通りです。

北海道のICL手術最安値・最高値

どうしてこれだけ費用に差が出るのでしょうか?そこには2つの理由が存在します。

ICL手術の費用に差が生まれる理由

理由①:ICL手術は自由診療だから

世の中の診療には「保険診療」と「自由診療」の2種類が存在します。

保険診療と自由診療の違い
  • 保険診療:健康保険等の公的医療保険制度が適用される診療のこと。国民健康保険法や健康保険法によって、あらかじめ病気に対する治療方法とその診療報酬が決められており、診察内容によって一律の金額が決められている。
  • ・自由診療:公的医療保険の対象とならない診療のこと。自分の体質や病気に最適な治療を受けるための選択肢が広がるが、医療費は各医療機関が自由に決められるため医療費が高額になりやすい。

このうちICLは「自由診療」であり、各医療機関が料金を自由に決めることができるのです。

理由②:様々な要因が費用に反映されるから

そして自由診療で料金を自由に決めることができる以上、

  • ICL手術を行う患者あたりにかかる工数(一般的には、患者が少なければ高単価、患者が多ければ低単価)
  • 病院の土地代、スタッフ人件費
  • ブランディング戦略(高額であれば質が高いサービスを受けられるイメージを醸成できる)

などの様々な要因によって料金が大きく左右されることになります。後述しますが「これらの要因が価格差の理由付けとしてReasonable(妥当性がある・納得できる)かどうか」が大事な観点です。

ICL眼科・クリニックは「費用・実績」で選ぶべき

北海道のICL眼科・クリニックの「費用」について見てきましたが、やはり安くてお財布に優しいところがいいのでしょうか?それとも、費用が高くて安心できそうなところを選ぶべきなのでしょうか?

結論から述べますが、ICL眼科・クリニックは「費用」「実績」「近接性」の3つの基準で選ぶべきだと私は考えていますこれには以下の4つの理由があるので順番に説明させてください。

ICL眼科・クリニックは「費用」「実績」「近接性」で選ぶべき4つの理由
  • 理由①:手術内容・利用するICLレンズが同じだから
  • 理由②:実績が多いほど工程も最適化されて質が上がるから
  • 理由③:実績の多さと費用の安さは比例するから
  • 理由④:近い眼科の方が手術後の定期検診が便利だから

理由①:手術内容・利用するICLレンズが同じだから

こちらは「費用」に関する理由です。様々な治療プランや利用器具があり、費用だけでの単純比較が難しいレーシックと違い、ICLの治療方法・利用機器は限られています。

まず、手術の方法は統一されており、治療プランも2種類(通常レンズ・乱視レンズ)のみです。そして、利用するレンズも、ほぼ全てがスターサージカル社製のホールICLレンズです。

つまり手術内容・利用器具が同じであれば、費用は安いに越したことはないということになります。(手術後の休憩でソファが用意されるかベッドが用意されるかなどの違いはあるようですが、果たしてそれが価格差として理にかなっているかは個々人でしっかり判断してください)

理由②:実績が多いほど工程も最適化されて質が上がるから

続いては「実績」に関する理由となります。ビジネスの世界には「オペレーショナル・エクセレンス」という言葉が存在します。

ある作業工程を繰り返せば繰り返すほど、その工程の効率性・確実性が上がってゆき、競争優位性になるというものです。かつて一斉を風靡したトヨタの「カンバン方式」をはじめとして、日本の御家芸とも言える分野ですね。

私は受診した品川近視クリニックで診察・手術を受けた際、この「オペレーショナル・エクセレンス」を感じました。症例数が増えれば増えるほど、執刀医の経験は上がり、個々の工程やオペレーションが最適化されて質が上がってゆくのです。

理由③:実績の多さと費用の安さは比例するから

そして3つ目は「費用」と「実績」の両方に関わる理由です。病院に限らず、サービス業の売上は「サービス提供先の数 × 提供単価」に分解できます。つまり、実績(サービス提供先の数)が多ければ提供単価は安くなり、実績が少なければ提供単価は高くなるということです。

コンビニが大量に仕入れるスケールメリットを活かし、個人商店よりも安い単価で商品を提供できているのと同じ理屈です。

この逆は「芸能人や有名人の治療が多い場合」などに最もよく当てはまると思います。芸能人や有名人を一般人と同じ待合室に入れて検査することはできないため、サービス提供先の数が少なくなる代わりに単価が上がると考えられます。

理由④:近い眼科の方が手術後の定期検診が便利だから

最後の4つ目は「近接性」に関する理由です。「実績」が重要と言いましたが、率直に申し上げて、品川近視クリニック以外北海道内のICL手術対応眼科・クリニックは、症例数など実績に関する情報が少なく実績面が不透明です。

それでは、選択肢を増やすために実績が豊富な別地域の眼科・クリニックも選択肢に入れるべきなのでしょうか?一概にはそうとも言えない事情が存在します。

なぜなら、ICL手術は事前準備や定期的な検診が必要とされるからです。病院によって違いはありますが、一般的には、事前検査、術後定期検診(翌日・3日後・1週間後・1ヶ月・1年ごと)が必要とされ、手術当日はまだしもこれだけの回数を他の地域に足を運ぶのはそれなりに骨が折れるはずです。詳しくは以下の記事に詳しくまとめているので合わせてご覧ください。

そのため北海道在住の方は、就職で都内に出てくる予定がある学生の方などでなければ、北海道内でなるべく実績がある眼科を選ぶのが良いと考えています。

「実績」について

ICL眼科・クリニックは「費用」「実績」「近接性」の3つの基準で選ぶべきだとすると、「費用」については先ほど整理した通りで、「近接性」については「費用」「実績」とのトレードオフであるため、あとは実績面を確認すればよいということになります。

実績の単純比較は難しい

しかし、金額による単純比較が可能な「費用」とは異なり、「実績」についてはやや比較が難しいです。それはICL手術の実績を公開している眼科・クリニックはほとんどないからです。

そうした中でも「確実に実績が優れている」と判断材料になるものが以下の3つ存在します。こちらも順番に説明させてください。

ICL手術対応眼科の実績(安全性)の判断材料
  • 判断材料①:実績数
  • 判断材料②:執刀医の知名度
  • 判断材料③:術後感染症の少なさ

判断材料①:実績数

当然ですが、「今までにICL手術を行った数(症例数)が多ければ実績がある」ということになります。

こちらの判断基準においては全国では品川近視クリニックが1番です。ファクトとして、2020年9月までになんと15,828件のICL手術を行った実績があります。そして2019年には、ICLレンズの製造社・スターサージカルから直接表彰も受けているのです。

品川近視クリニック・ICL国内最多症例数の表彰
左:品川近視クリニック東京院 院長 湯川聡・右:STAAR Japan Inc. Manager Mr. Patrick Coelen
(品川近視クリニックホームページより引用)

実は、他に症例数を公開している眼科・クリニックは「新宿近視クリニック」のみで、2020年6月までで2,239件となっています。

判断材料②:執刀医の知名度

執刀医が知名度があるかどうかということも、実績の1つと言えるかもしれません。

この判断基準においてはサピアタワーアイクリニック東京を挙げることができるでしょう。こちらの病院で執刀責任者を務める北澤世志博先生は、3,700件以上のICL手術実積を持つICL手術の第一人者です。

日本に9名しかいないエキスパートインストラクターでもあり、きゃりーぱみゅぱみゅさんを始めとした多数の芸能人のICL手術の執刀医です。

一方で、ICL手術は認定制の治療方法であり、ICLを施術できる時点で認定レベルをクリアしていることを断らせていただきます。(認定制度は上位ランクになると指導やライセンス制度への関与が可能になるというものです、詳しくはこちらをご覧ください)

判断材料③:術後感染症の少なさ

ICL手術においては、レンズ挿入のため目に3mmほどの切れ目を入れます。その切れ目から細菌が侵入して感染症が発生するのが主なリスクです。そのため「術後感染症の少なさ」は実績(安全性)の重要な判断材料になると考えられます。

こちらについては「先進会眼科」が徹底した安全管理により開院以来19年間あらゆる治療において術後感染症なしという驚異的な実績を持っています。私がICL手術を検討していた際はリサーチから漏れてしまっていたのですが、当時知っていたらひょっとするとこちらの眼科の受診を考えていたかもしれません。一方で、東京・大阪・福岡の3拠点に展開しているものの残念ながら北海道地域にはないので、今後の展開に期待したいところです。

実績が少ない・新しくICLに対応した病院をおすすめしない理由

ICLに対応している新しい眼科・クリニックはどんどん増えていますが、上述したような実績・症例が多い病院を私は絶対にお勧めします。その理由として「ICL手術の認定プロセス」が挙げられます。

ICL手術を施術するためにはライセンス取得が必要ですが、その取得過程の1つとして「ICL製品担当者および認定医インストラクターが立会いの下で同日4眼の手術を行う」というものが存在します。つまり新しくICLのライセンスを取得するためには、立ち合い有りとは言えライセンス未取得の状態での手術を経る必要があるのです。

これを知った時、患者側からすると「認定プロセスの過程で手術を受ける」のは物凄く怖いなと思ってしまいました。そのため近くの小さな眼科や新しくICLに対応したクリニックで受けるのではなく、やはり症例・実績が多い病院で受ける方が安心というのが私の意見です。(認定制度について詳しくは以下の記事をご参照ください)

北海道・札幌でICLの実績が豊富な眼科・クリニック

大変長くなりましたが、ICLの眼科・クリニックの選び方について理解が深まってきたのではないでしょうか。それではいよいよ、北海道のおすすめICL眼科・クリニックをご紹介します。

第1位:品川近視クリニック札幌院

品川近視クリニック」は、私もICL手術を受けた、個人的に最もお勧めの病院です。

(「品川」という名前ではありますが、場所は札幌ですのでご注意ください)

ICL

品川近視クリニック札幌院の費用と実績

品川近視クリニックは、費用面では国内最安値実績面では2019年にICLで国内最多症例数を受賞しています。

  • 費用面:★★★★★(国内最安値(46.0万円))
  • 実績面:★★★★★(ICLで国内最多症例数を受賞(2019年))

※費用については特別割引クーポンを用いれば更に数万円お安くなります。

品川近視クリニック札幌院の特徴

実績面・費用面が抜群の品川近視クリニック札幌院ですが、その他にも数多くの特徴があります。

いくつかピックアップすると以下の通りです。

  • 適応検査・術前相談は完全無料
  • 症例数国内最多の実績
  • 顧客満足度98.6%以上
  • 実績豊富な眼科専門医が担当
  • 3年間の保証付き。再手術・追加手術が無料
  • 分割払いOK。12回払いまで金利0円キャンペーン実施中
  • 豊富なオプション・割引サービス(無料提携託児所や遠方から来る方が対象の交通費上限1万円補助、自衛官・消防士・警察官の方は4.5万円割引)
  • 東京(有楽町)だけでなく、北海道(札幌)、大阪(梅田)、愛知(名古屋)、福岡(天神)の計5医院を運営

様々な特徴がありますが、「適応検査・術前相談が完全無料」が最大の特徴でしょう。

ICLはそもそも手術を受けられない可能性があり(適応外)、どれだけ調べても実際に先生に話を聞かないと解像度が高まりません。

(ICL適応外については、こちらにまとめています)

これらのステップを無料で受けられるのは非常に良心的ですし、ICLを検討しているなら受けて損はないでしょう。

無料相談・適応検査の予約方法

無料相談・適応検査についてはスケジュールが決まっていなくてもWebから気軽に予約ができるので、その方法も記載しておきます。まずは品川近視クリニックHPの右上、オレンジ色の「無料適応検査予約」ボタンを押して予約ページへ。

品川近視クリニックのホームページ
品川近視クリニックのホームページ

フォームに必要事項を入力すれば予約完了です。ここまで3分もかからないはずです。後ほどクリニックから電話が来るので、目の状態のヒアリングとスケジュール調整を行えば裸眼生活への第一歩は完了です。

品川近視クリニックの予約フォーム
品川近視クリニックの予約フォーム

私はICLのリサーチに1週間の時間をかけましたが、最も学びになったのは、当然のことながら先生への相談と検査でした。

時間を掛けてあれこれ調べても、適応検査で引っ掛かりICLを受けることができなければ、全てが水の泡です。

少しでもICLが気になる方は、まずは無料での検査・相談を受けるのがおすすめです。

品川近視クリニックのICL費用詳細

レンズの種類・度数ごとのICL手術費用詳細は下記の通りです(金利無料の分割払い可能)。

特別割引クーポンを用いれば更に数万円お安くなるので、クーポンをお求めの方はこちらよりご確認ください。

レンズの種類近視度数両眼のICL価格(税込)分割払い
通常レンズ-4.5D以下46.0万円月々4,500円〜
-5.0D以上53.7万円不明
乱視レンズ-4.5D以下53.7万円月々5,700円〜
-5.0D以上63.7万円不明
品川近視クリニック札幌院の詳細
住所北海道札幌市中央区北三条西2-1 NC北専北三条ビル3F
アクセス・JR札幌駅南口より徒歩5分
診療時間10:00〜20:00(年中無休)
各院東京院・札幌院・名古屋院・梅田院・福岡院
院長名山本享宏

北海道でICLを受ける前に知っておくべきこと

事前検査の前に改めてICLの基礎知識を復習しておきたいという方は、下記の記事をぜひ一読いただければと思います。

まとめ

九州地方のICL眼科・クリニックについて、その選び方や費用・実績、おすすめなどを紹介させて頂きました。

ICLを検討している皆様の参考になればと思いますが、あくまで私個人のヒアリング・調査・体験を元にしたものです。全てを鵜呑みにするのではなく、ICL手術に関する正確な情報は事前検査や相談時にプロの眼科医の先生に確認してください。

ICLについて無料相談・適応検査が可能な眼科・クリニック

何度でも伝えさせて頂きますが、目は一生物の器官です。裸眼生活の快適さは言葉に尽くしがたいですが、疑問や不安をほったらかしてはいけません。しっかりと納得した上でICLを受けるようにしてほしいと考えています。

一方で、自分で調べることには限界があります。インターネットであることないことを探して時間も精神も消耗するのではなく、知識をもった先生に相談をして情報収集することが一番です。

ICL手術をするか決まっていなくても、無料で相談・検査が受けられる眼科・クリニックがあるため、まずは無料相談を活用し、疑問や不安を解決することを筆者はおすすめします。

また、ICLなどに関するご質問・ご相談、受け付けているのでお気軽にどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました