近視に悩む方・ICL手術を考えている方が最初に【必ず】するべきこと

東大・海外大を卒業後、外資メーカー・戦略コンサル・VCで勤務していた「チルbot」です!メガネ・コンタクト歴は20年以上、昼になるとドライアイで目がカピカピ。そんな状況を変えようと、医師の友人や眼科の先生へのヒアリングを経て2020年にICL手術を実施、視力は0.03から1.5となり夢の裸眼生活を実現。ICL手術は間違いなく20代での最高の投資でした。

(※私が受けたICL手術については、全国のおすすめ眼科を地域別にまとめているので是非参考にしてください  北海道・札幌  東北  埼玉  千葉  東京  神奈川  静岡  愛知・名古屋  大阪・関西  広島・岡山  福岡・九州 )

今回はこんな悩みを解決できる記事を書きました!

近視に悩み、レーシックやICLなどの視力回復方法を検討している方はきっと多いことでしょう。

筆者は視力回復方法の検討を踏まえて1年ほど前にICL手術を受けましたが、今だからこそ「最初に絶対にやっておけばよかった!」と思うことが存在します。

この記事を読めば、近視に悩む方・ICL手術を考えている方が最初に必ずするべきことが何か、わかるはずです。

(※ICL手術が気になっている方は、品川近視クリニック(東京・大阪・名古屋・北海道・福岡)、先進会眼科(東京・大阪・福岡)、新宿近視クリニック(東京)では検査の受診と眼科医の先生への相談が無料でできるのでおすすめです(詳しくはこちらの記事をご覧ください))

近視に悩む方・ICL手術を考えている方が最初に必ずするべきこと

早速結論ですが、近視に悩んでいる方やICL手術のことが少しでも気になっている方が最初に絶対するべきこと、それはずばり「適応検査の受診」です。

(「早く無料適応検査の予約方法を知りたい!」という方はこちらからどうぞ)

ICL手術の適応検査とは

「そもそもICL手術の適応検査って何?」という方のために解説です。

実は、眼科・クリニックにいけばICL手術をすぐに受けられるわけではありません。外科的手術を伴うICL手術は、入念な適応検査を事前に受ける必要があります(2時間程度ですが)。そしてその結果によっては、なんとICL手術を受けられない可能性もあるのです。

検査するのは主に以下のような項目です。

ICL手術の適応検査での検査事項(一例)
  1. 近視の度合い
  2. 乱視の度合い
  3. 後房空間の広さ
  4. 角膜内皮細胞の数

適応検査の具体的な内容や中身については、筆者の実際の体験談をこちらの記事に詳しくまとめてあるので、この記事を読んだ後に目を通していただくとより解像度が高まるかと思います。

ICL手術検討者が今すぐ適応検査を受けるべき5つの理由

それでは、ICL手術のことが少しでも気になっている人は、なぜ今すぐ適応検査を受けるべきなのでしょうか?その理由は以下の5つです。

ICL手術検討者が今すぐ適応検査を受けるべき5つの理由
  1. そもそもICLを受けられない可能性があるから
  2. 解像度が圧倒的に高まるから
  3. 他の視力回復方法についても同時に検討できるから
  4. 時間と労力という限られた資産を優先するべきだから
  5. 無料で検査を受けられるクリニックがあるから

実は私はすぐに適応検査を受けず若干後悔をしているため、これらの理由は全て筆者の戒めとも呼べるものです。今ICLを少しでも気になっている方には同じ轍を踏んでほしくないと思っています。

ということで、5つの理由をそれぞれ解説してゆきたいと思います。

理由①:そもそもICLを受けられない可能性があるから

1つ目の理由は「そもそもICLを受けられない可能性があるから」です。

前述した通り、適応検査の結果次第ではICL手術を受けることができません。適応検査の結果、ICL手術を受けられないパターンとしては主に以下のようなものが存在します。

ICL手術が受けられない主な場合
  • 年齢制限
  • 視力制限
  • 乱視制限
  • 後房空間の広さによる制限
  • 角膜内皮細胞の数による制限

散々調べて迷った挙句、適応検査を受けて不適合となると、費やした時間と労力が全て水の泡です。ICLが気になる方は、まずは検査を受けてICL手術を受けられるかどうかを明らかにするのが賢い選択と言えるでしょう。

ICL手術を受けられない場合については、こちらの記事でより詳しくまとめているので、是非ご覧ください。

理由②:解像度が圧倒的に高まるから

続いて2つ目の理由は「解像度が圧倒的に高まるから」です。

まず、まだまだ普及しているとはいえないICLについて、自分自身で調べることには限界があります。そして残念ながらインターネット上には誤った情報も数多く掲載されています。

よく見かけるのが「目の表面を削るレーシックの方が、目の中身にレンズを入れるICLよりも安全なので、レーシックにしました」というものですが、しっかり調べてみるとそうでもないことがわかります。(あまりに多いのでこちらの記事に詳しくまとめております、気になる方はご一読ください)

そうした方になるべく正しく中立的な情報を提供したいというのが私の思いではありますが、やはり誤った情報や偏った情報を語る人は多く、またどれだけ調べた気になっても「結局は眼や医学の素人」なので、絶対に正しい判断ができるとは言い難いです。

ICL手術の適応検査においては、眼科医の先生から直接ICLについて聞いたり、疑問点や不明点を質問したりすることができますそれがICLのガイドラインでも義務付けられているからです)私自身1週間ほどICLについてリサーチを行いましたが、結局一番解像度が高まったのは適応検査で眼科の先生から直接話を伺った時でした。

私のように「最初からこうすればよかった・・・」とならないよう、自分自身で無駄に時間や労力を費やすよりも、最初からプロである眼科医に話を伺うのがよいでしょう。

理由③:他の視力回復方法についても同時に検討できるから

3つ目の理由は「他の視力回復方法についても同時に検討できるから」です。

適応検査においては主に以下のような項目について検査を行うと前述しましたが、この中の複数の項目は他の視力回復方法の実施可否にも影響します。

ICL手術の適応検査での検査事項(一例)
  • 近視の度合い
  • 乱視の度合い
  • 後房空間の広さ
  • 角膜内皮細胞の数

例えば「角膜内皮細胞の数」は、コンタクトレンズの利用継続可否やレーシックの施術可否にも関わっています。そのため私が品川近視クリニックで事前検査を受けた際は、レーシックが受けられるかどうかについても合わせて教えてもらうことができました(角膜内皮細胞について気になる方はこちらの記事に詳しくまとめているので是非ご一読ください)。

そのため、ICL手術の事前検査を受けることで、同時に他の視力回復術・近視矯正方法についても合わせて検討することができるのです。

理由④:時間と労力という限られた資産を優先するべきだから

4つ目の理由は「時間と労力という限られた資産を優先するべきだから」です。こちらについては1つ目、そして2つ目の理由からも分かって頂けるかと思います。

ICLが受けられることが早くわかればわかるほど、眼科医の先生に直接話を聞いて解像度を高めるとともに、他の視力回復方法含めて比較検討ができます。また、ICLが受けられないことが早くわかればわかるほど、他の視力回復方法の検討へと軌道修正ができます。

逆に、時間と労力をかけてICLについて調べて、迷って、検討したとしましょう。検査の結果、ICL手術を受けられるとしても、結局は自分で手間をかけずに最初から眼科医の先生に直接話を聞いておけばよかったということになりますし、ICL手術を受けられない場合は全く意味がなかったことになる、つまりいずれの場合も時間と労力が無駄になってしまうのです。

“Time is Money” とはよく言ったもので、万人に平等に与えられており、使い方次第で結果が驚くほど変わるのが時間です。ICLに限らず、迅速な判断と行動が人生の質をあげるのは、あらゆることに共通しています。ICLにおいてもまずは適応検査を受けることが鉄則と言えるでしょう。

理由⑤:無料で検査を受けられるクリニックがあるから

そして5つ目の理由は「無料で検査を受けられるクリニックがあるから」です。

そもそもICLを受けられない可能性があり、解像度が圧倒的に高まり、他の視力回復方法についても同時に検討でき、時間と労力という限られた資産を優先したとしても、適応検査が有料であれば話は変わってきます。

例えば、東京にある芸能人御用達のICL適応クリニック・サピアタワーアイクリニック東京では適応検査に1万円の費用が発生し、手術を受けない場合は返金がされません。筆者個人としてはそれでも適応検査を受けることを推奨しますが、「無駄なお金を極力払いたくない」のであれば「いきなり適応検査を受けるべきではない」ということにもなると思います。

しかし、なんと東京・大阪・名古屋・札幌・福岡に展開している品川近視クリニック、そして東京・大阪・名古屋・福岡に展開している先進会眼科、新宿にある新宿近視クリニックでは、ICLが受けられるかどうかの適応検査、そして眼科医の先生への相談を無料で受診することができるのです。

無料で受けられるならば、前述した理由から受けない理由はないですし、サピアタワーアイクリニック東京など他の眼科・クリニックでの施術を検討していたとしてもその可否の切り分けとして、またセカンドオピニオンとして使うなどの活用法も有用だと感じています。

さらにこれらのクリニックは、実績・費用面も優れているという特徴があります(その裏付けについては一回考察したことがあるので、こちらの記事をご覧ください)

費用実績適応検査
品川近視クリニック全国最安値!
46万円(乱視なし・近視度数-5D未満)
53.7万円(乱視なし・近視度数-5D未満)
56万円(乱視あり・近視度数-5D未満)
63.7万円(乱視あり・近視度数-5D未満)
2019年・2020年・2021年の3年連続で、ICL手術の国内最多症例数を受賞無料
先進会眼科全国最安値!
46万円(乱視なし)
59.2万円(乱視あり)
徹底した安全管理で開院以来19年間・術後感染症発生なし無料
新宿近視クリニック全国最安値!
46万円(乱視なし・近視度数-5D未満)
53.7万円(乱視なし・近視度数-5D未満)
56万円(乱視あり・近視度数-5D未満)
63.7万円(乱視あり・近視度数-5D未満)
2020年12月まででICL手術症例数2,647件(おそらく国内第2位?)無料

個人的には、圧倒的な実績を持つ品川近視クリニック、術後感染症がゼロという驚異的な安全性を誇る先進会眼科の2つがおすすめです(私自身は先進会眼科の存在を知らなかったので品川近視クリニックが最も良いと判断し施術を受けましたが、フェアに見て先進会眼科は大変魅力的な眼科だと感じました)。

適応検査・無料相談の予約方法

最後に、品川近視クリニック・先進会眼科・新宿近視クリニックそれぞれの無料適応検査の予約方法について解説したいと思います。

スケジュールが決まっている必要もありませんし、ICL手術・レーシックを受けるかがまだ決まってなくても構いません。ノリと勢いで飛び込めば一気に動き始めるので、ぜひ申し込んでみましょう。その瞬間に夢の裸眼生活に向けて全てが動き始めるはずです。

品川近視クリニックのICL適応検査・無料相談の予約方法

品川近視クリニックのICL手術の無料相談・適応検査は、すぐにWEBから予約ができます。スケジュールは後から決められるので、ICL手術に興味がある人は以下の通りにすぐに申し込んでみましょう!

ホームページにアクセス

まずはこちらから、右上赤色の「WEB予約」ボタンを押して予約ページへ。

フォームに必要事項を入力

フォームに必要事項を入力して送信すればあっという間に予約完了です。

クリニックからの電話に応対

すると後ほどクリニックから電話が来るので、目の状態のヒアリングとスケジュール調整を行えば裸眼生活への第一歩が踏み出せます。

どれだけ迷って調べても、ICL手術不適応であれば全て無駄になってしまいます。少しでもICLが気になる方はまずは行動、無料で適応検査・相談を受けてみるのが賢い選択です。

1分で予約完了

※適応検査の受診はICL手術に必須です

先進会眼科のICL適応検査・無料相談の予約方法

次に先進会眼科についてです。品川近視クリニック同様、無料相談・適応検査についてはWEBから気軽に予約ができます。

ホームページにアクセス

まずはこちらの左下、左下金色の「Web予約」ボタンを押して予約ページへ。

フォームに必要事項を入力

フォームに必要事項を入力して送信すればあっという間に予約完了です。

クリニックからの電話に応対

すると後ほどクリニックから電話が来るので、目の状態のヒアリングとスケジュール調整を行えば裸眼生活への第一歩が踏み出せます。

どれだけ迷って調べても、ICL手術不適応であれば全て無駄になってしまいます。少しでもICLが気になる方はまずは行動、無料で適応検査・相談を受けてみるのが賢い選択です。

1分で予約完了

※適応検査の受診はICL手術に必須です

新宿近視クリニックのICL適応検査・無料相談の予約方法

最後に新宿近視クリニックについても、無料相談・適応検査についてはWEBから気軽に予約が可能です。

ホームページにアクセス

まずはこちらの左下、左下金色の「Web予約」ボタンを押して予約ページへ。

フォームに必要事項を入力

フォームに必要事項を入力して送信すればあっという間に予約完了です。

クリニックからの電話に応対

すると後ほどクリニックから電話が来るので、目の状態のヒアリングとスケジュール調整を行えば裸眼生活への第一歩が踏み出せます。

どれだけ迷って調べても、ICL手術不適応であれば全て無駄になってしまいます。少しでもICLが気になる方はまずは行動、無料で適応検査・相談を受けてみるのが賢い選択です。

1分で予約完了

※適応検査の受診はICL手術に必須です

ICL手術の基礎知識

検査前に改めてICLの基礎知識を復習しておきたいという方は、こちらの記事をぜひ一読ください。

とはいえ、あくまで私個人のヒアリング・調査・体験をもとにしたものですので、適応検査時にプロの眼科医の先生に直接質問・確認いただくことをおすすめします。

無料での相談・適応検査が可能な眼科・クリニック

ICL手術で手に入る裸眼生活の快適さは言葉に尽くしがたいものがあります。

一方で自分で調べることには限界があり、適応検査で不適合となればそもそもICL手術を受けられないので、早めに適応検査を受診して知識をもった先生に相談することが一番です。

ご紹介したように、東京にある品川近視クリニック先進会眼科新宿近視クリニックではICL手術をするか決まっていなくても無料で相談・検査が受けられるので、まずは早めに手術の可否を明らかにすることを筆者はおすすめします。

費用が高すぎてICL手術はちょっと、、、という場合でも、プロの眼科医の方に相談すれば比較的安価な最新のレーシック手術を受けるという判断もできると思います。

より詳しく聞きたい・判断がつかないという方は、ご質問・ご相談、受け付けているのでお気軽にどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。