ICL手術失敗しました?やめた方がいい?5つの後悔・失敗例を経験者が解説

東大・海外大を卒業後、外資メーカー・戦略コンサル・VCで勤務していた「チルbot」です!メガネ・コンタクト歴は20年以上、昼になるとドライアイで目がカピカピ。そんな状況を変えようと、医師の友人や眼科の先生へのヒアリングを経て2020年にICL手術を実施、視力は0.03から1.5となり夢の裸眼生活を実現。ICL手術は間違いなく20代での最高の投資でした。

今回はこんな悩みを解決できる記事を書きました!

夢の裸眼生活を手に入れることができるICL手術ですが、インターネットで「ICL」を検索すると「後悔」「失敗」「後遺症」「難民」「近くが見えない」など、口コミや感想を含めた様々な情報が出てくるので、不安になる方も多いのではないでしょうか。

ICL手術の特徴として、レーシックとは異なり角膜を削る必要はなく、何かトラブルがあったときでも元に戻せる可逆性が担保されているため、リスクが低いことが挙げれられます。しかし外科的手術である以上、リスクが全くないとは言い切れません(飛行機が落ちないリスクはない、というのと同じではありますが)。

私もかつてレーシック手術を検討した際は、失敗例や後遺症、いわゆるレーシック難民など、ネガティブな情報をくまなく調べた上で、施術しないという結論に至りました。ICL手術についても、ポジティブな情報だけでなく、ネガティブな情報がないかしっかりお伝えしたいと思います。

(※ICL手術が気になっている方は、品川近視クリニック(東京・大阪・名古屋・北海道・福岡)、先進会眼科(東京・大阪・福岡)、新宿近視クリニック(東京)では検査の受診と眼科医の先生への相談が無料でできるのでおすすめです(詳しくはこちらの記事をご覧ください))

レーシック・ICL手術の失敗・後悔

結論から申し上げますと、レーシック・ICL手術の失敗・後悔に関する情報は以下の通りです。

レーシック・ICL手術の失敗・後悔に関する情報
  1. レーシック:過去に社会問題化、集団訴訟も
  2. ICL手術:特になし、ただし実績が少ない眼科においてはトラブルも

レーシック・ICLそれぞれについてしっかりと解説してゆきたいと思います。

レーシックの失敗・後悔に関する情報は?

まずはかつて起こったレーシックにまつわる様々な問題をお伝えしたいと思います。

レーシックの失敗・後悔①:レーシック難民

新しい術式にはネガティブな情報もつきものです。当ホームページでは、レーシック手術について、不可逆性・近視戻り・角膜変形など様々なリスクがあるとお伝えしてきました。

実際に2008年から2009年にかけて、施術数増加とそれに伴う経済的利益を求めて洗浄や滅菌などの衛生管理を怠り、患者に大量の感染症を発症させてしまった「レーシック手術集団感染事件」が発生しています。

レーシック手術後に不具合が出ているものの、手術した眼科やクリニックから正しい診療を受けることができず、治療してくれる眼科を転々と探しながら苦しんでいる患者を指す「レーシック難民」という造語も生まれました。そして2013年には、消費者庁がレーシック手術による重大危害に対して注意喚起を行うという事態にも発展したのです。

結果としてレーシックの施術件数は縮小傾向

こうした問題もあり、実はレーシックの件数は年々減少しており、メディアでも紹介されています。最新のデータは見つかりませんでしたが、ピークの2008年には国内で年間45万件だったレーシック、2018年時点では年間1万5000件にまで減っているのです。

医者の友人が頑なに施術を拒んでいたこともあり、レーシックのデメリット・リスクについては度々紹介させて頂いていますが、私個人の意見としては、やはりレーシックはお勧めしません。

僕自身レーシックとICLのどちらを受けるか迷う中で様々な比較をしたので、より詳しく知りたい方はぜひこちらの記事をご覧下さい(なぜレーシックがこのような問題を引き起こしたか、その理由も考察しています)。

ICL手術の失敗・後悔に関する情報は?

続いて、ICL手術についての後悔、失敗例、後遺症を見ていきたいと思います。

レーシックと異なり、ICL難民は存在しない

Google検索ではレーシック難民をもじった「ICL難民」という言葉でも検索が見られるため、レーシックに対するネガティブイメージ、そして目の中にレンズを入れることに対する抵抗感から心配している方も多いのだと思います。(ICL難民が実際に発生しているという情報は一切ありません)

度々説明させて頂いたように、ICLは可逆性が担保されており、万が一何かがあったとしても元の状態に戻すことができる安全な手術です。しかし外科的手術である以上、100%安全であるとは決して言い切ることはできません。目は一生物の器官であるため、眼科やクリニックのいうことを鵜呑みにするのではなく、しっかりと自分で知識を身につけて

  • 「この眼科・クリニックは信頼できるか?」
  • 「この眼科医に自分の一生物の器官を任せてよいのか?」

といったことを判断できるようになることが重要だと思います。

眼科の経験不足によるトラブルは発生

一方で新しい施術法ということもあり、眼科医の経験が少なくトラブルにつながるケースはいくつか見られています。(こうした経験不足によるトラブルを防止するライセンス制度がICL手術には設けられています。詳しく知りたい方はこちらの記事を是非ご覧ください)

今回は、インターネットやブログで見つかった数少ないICLの失敗例・後遺症を取り上げて、その理由とともに皆さんに紹介したいと思います。失敗しない眼科・クリニックを選び、自分の目を守るための参考になれば幸いです。

ICL手術の後悔・失敗例を実例とともにご紹介

それではいよいよ、ICL手術の後悔・失敗例を、ご紹介させてください。

ICL手術の後悔・失敗例①:水晶体損傷による白内障発症

ICL手術の後悔・失敗例の1つ目は、手術中のミスにより水晶体が損傷することで、白内障になってしまったというものです。弁護士ドットコム上で見つけた実例とともに紹介したいと思います。

一年半前目の中にレンズを入れて視力を回復する手術(フェイキック)をしました。右目は成功したものの、左目が手術中に突然医師から「眼圧が突然上がり水晶体を傷つけてしまい、説明していた手術ができなくなりました。」と告げられ急遽傷ついた水晶体をとり白内障の手術(多焦点レンズ)に切り替えとなりました。説明は簡易的なものであり書面にサインなどもしていません。

https://www.bengo4.com/c_7/b_597246/

手術が終わり詳しい説明を受けると「仕方が無かった」「医療ミスではありません」「レンズ代は元より高いものが入ってますが、差額分は大丈夫ですよ」と言われ何も言えずにそのまま帰りました。

https://www.bengo4.com/c_7/b_597246/

目の傷も回復してきた頃眼帯を外し視力を測ると、右目1.8左目0.7更には乱視、目元30cmの距離と1.5mの距離しかピントの合わない目になってしまいました。医師に尋ねると「レーシックで多少は乱視は治ると思いますが右目と全く同じように見えるようになるのは無理です。」と言われてしまい、セカンドオピニオンも受けましたが、回復不可と言われてしまいました。術前にそういった事が起こり得る説明も受けていません。

https://www.bengo4.com/c_7/b_597246/

いくつも指摘すべき点がありますが、特にピックアップするならば以下の2つでしょうか。

  • 手術中に勝手に水晶体を取り出される
  • 医療ミスであることを認めないどころか、高いレンズを用いた恩を着せようとする

病院名こそ書いてはいませんが、あまりにもひどい対応だと思います。言わずもがなですが、ICL手術自体の問題ではなく執刀医の手技ミスが原因であり、その後の対応も非常に不誠実です。

執刀医の技術は手術自体の経験に大きく左右されるため、眼科・クリニックを選ぶ際はとにかく実績が豊富なところを選ぶのをお勧めします。実績が豊富な眼科・クリニック・病院の選び方については、こちらで地域別にまとめておりますのでご覧ください。

ICL手術の後悔・失敗例②:虹彩の損傷による見え方の不具合

続いてICL手術の後悔・失敗例の2つ目は、手術中、レンズを虹彩と水晶体の間に埋め込む過程で虹彩が損傷したというものです。茨城県の松本眼科で手術を受けた実例がナルキンブログさんに掲載されていたので、紹介したいと思います。

右目の手術中、虹彩が飛び出そうになり、眼球を縫うことになりました(確か2、3回縫い直したと言っていたと思います)。通常は縫うことはせず、自然にくっつくの待つようです。この右目の虹彩に大きな問題が起きているとは、そのときは夢にも思っていませんでした。

https://narukinhonda.com/johomatome/icljohomatome/icltaikendan02.html

微妙に目がまだゴロゴロしており、目も充血していると病院の検査技師の方に言われました。手術中に縫った右目が、特にゴロゴロしています。昼間・夜間のどちらでも、右目のまぶしさが取れていないことに気付きました。スーパーやコンビニのライトもまぶしいです。また、右目の視界が全体にうっすら白いモヤがかかっているようにも見えます。手術を担当してもらった医師に、右目だけ眩しいことを伝えると、白内障の手術後もよく眩しくなるものと説明されました。しかし、白内障の手術後にまぶしくなる仕組みと、ICLの手術を受けてまぶしくなる仕組みが同じなのかは、疑問があります。

https://narukinhonda.com/johomatome/icljohomatome/icltaikendan02.html

病院に着き、受付で「右目のまぶしさと白いモヤ」があることを伝え、目の検査をしました。診察のとき、手術担当医ではない医者に見てもらいましたが、開口一番「見えすぎてるくらい見えてますね」と言われ、そのまま診察を終わらされそうになりました。実際、視力は確かにとてもよくなりました。しかし、右目のまぶしさと白いモヤのことについて一切触れられていなかったので、そのことを尋ねると「もしかすると、レンズの反射によるものかもしれない」と言われました。まぶしさを解消する方法を尋ねると、

医師「瞳孔を収縮させてまぶしさを抑える目薬もあります
筆者「でも、それって一生使うことになるんですか?
医師「そういうことになりますねぇ

と他人事のように言われ、大変ショックでした。

https://narukinhonda.com/johomatome/icljohomatome/icltaikendan02.html

しかしその後、別の病院にて検査してもらうと、虹彩が薄くなっていることが判明し、それによりまぶしさと白いモヤが生じていることが簡単に判明しました。虹彩はカーテンのような役割を果たしており、それが薄くなったためまぶしさが生じるようです。さらに、一度なくなってしまった虹彩は元には回復しないと聞き、非常に大きなショックを受けました。

https://narukinhonda.com/johomatome/icljohomatome/icltaikendan02.html

筆者に残った合併症は、手術中に虹彩が飛び出し、おそらくそれを縫ったことにより、虹彩が一部ハゲて薄くなったことで起こったと考えられます。これは、レンズを取り出しても元には戻りません。医師の話によると、手術中に緊張したり力んでしまったりすると虹彩が飛び出ることがあり、若い人ほどよくあるとのことでした。(このことはネットではほとんど載っていませんが、筆者が診てもらった医師2人ともこのことを言及していました。)

https://narukinhonda.com/johomatome/icljohomatome/icltaikendan02.html

こちらの例についても、明らかに執刀医の経験不足が招いた医療事故であると言えます。

角膜に入れた切れ目から虹彩が飛び出しそうになったということが書かれていますが、角膜に切れ目を入れる施術はICLに限ったものではなく、白内障手術として年間140万症例行われています。さらに白内障手術は、水晶体を目の中で砕いて取り出した上で人工レンズを埋め込むため、ICLの方が遥かに難易度が低い手術です。

つまり、こちらの失敗例もやはり執刀医の経験不足が招いたものであり、豊富な実績がある眼科・クリニックを選ぶことの大切さが分かります。

ICL手術の後悔・失敗例③:レンズの位置調整

ICL手術の後悔・失敗例の3つ目は、ICL手術後に挿入したレンズがずれてしまい、レンズの位置調整が必要になったというものです。

これは単純に角膜を再切開してレンズの位置を調整すれば良いもののため、これまでに紹介した2つと比較すると軽度のものではありますが、後悔・失敗例として紹介させていただきます。

東京にある新宿近視クリニックでは件数が公開されており、レンズの位置調整を行った件数は全体のわずか0.3%だったということです。ICLレンズは虹彩と水晶体の間に固定できるような構造になっており、高い安定性が保たれて強い衝撃にも耐え得るため、大きな心配は必要ないかと思います。

ICL手術の後悔・失敗例④:レンズの入れ替え

ICL手術の後悔・失敗例の4つ目は、ICL手術後に挿入したレンズの度数が合わず、レンズの入れ替えが必要になったというものです。

これは単純に角膜を再切開してレンズを入れ替えれば良いもののため、最初の2つと比較すると軽度のものではありますが、後悔・失敗例として紹介させていただきます。

東京にある新宿近視クリニックでは件数が公開されており、レンズの入れ替えを行った件数は全体のわずか0.6%だったようです。レンズの入れ替えが必要になる場合は以下の3つがあるのでご紹介させていただきます(細かい部分なので飛ばしていただいて大丈夫です)。

ICLレンズを入れ替える場合①:度数が合わない

挿入したICLレンズの度数が合わないと当然レンズを入れ替える必要が出てきます。事前に視力検査を念入りにするため多くはないですが、ICL手術を経てしばらくして視力が再び悪くなり、より強い矯正をする必要が出た場合には、より度数が強いレンズに入れ替える必要が出てきます。

ICLレンズを入れ替える場合②:レンズが想定より大きい

挿入したICLレンズが想定よりも大きいと、目の中の空間の水の循環に影響を与え、眼圧が上昇して緑内障を発症してしまうリスクがあります。

これを防ぐために適応検査などでは目の中の空間の大きさや深さを測りますが、挿入後にやはり想定よりもレンズが大きかった場合にはレンズを入れ替える必要が出てきます。

ICLレンズを入れ替える場合③:レンズが想定より小さい

逆に挿入したICLレンズが想定よりも小さいと、レンズが動いてしまい水晶体にレンズが触れてしまうリスクがあります。そして水晶体にレンズが触れると白内障を発症してしまうこともあるのです。

ICLレンズの位置は術後数ヶ月で安定し、検診でその位置を確認しますが、レンズが想定より小さく動いてしまっていた場合には、レンズを入れ替える必要が出てくるのです。

ICL手術の後悔・失敗例⑤:レーシックでの追加矯正

ICL手術の後悔・失敗例、最後の5つ目は、ICL手術後にレーシックで追加矯正が必要になったというものです。

これはICL手術だけでよかったはずが、追加でレーシックも必要になったというもので、「角膜を削らなくていいはずが削らなければいけなくなる」ため、少し重い後悔・失敗例かと思います。

しかしご安心ください。東京にある新宿近視クリニックでは件数が公開されており、レンズの入れ替えを行った件数は0%、1件も発生していないとのことでした。

ICL手術の後悔・失敗例から学べること

以上5つの失敗例をご紹介させて頂きましたが、これらから分かるのは「ICL手術自体は安全だが、執刀医の経験不足や患者の不注意が原因でごく稀に失敗例が発生し得る」ということです。それをさらに噛み砕くと「ICL手術を受ける眼科・クリニックは、実績の豊富さで選ぶことが重要である」ということです。

最終的には実績に加え、費用・アクセスなど様々な条件から眼科・クリニックを選ぶことになるとは思いますが、これらの失敗・後悔例を踏まえて「アクセスが良いから」など単純な理由だけで決めてほしくないと思います(実際に私は全国で最も実績が豊富な品川近視クリニックで施術を受けました)。

ICL手術の後悔・失敗例としてよく聞かれること

最後に、実際の後悔・失敗例ではありませんが、失明・白内障のリスクなどについてはたまに質問をいただくのでご紹介させていただきます。

ICL手術で失明はしないか?

外科的手術である以上、ICL手術によって失明する可能性が0%であるとは当然断言できません(これは「飛行機は墜落しない」と断言できないのと同じだと思います)。

失明を防ぐために注意しなければいけないのは感染症です。ICL手術後に細菌やカビに感染すると、目の中に重い炎症が発生してしまい、激しい目の痛みや視力低下が起こり、最悪の場合失明してしまうこともあるのです。

これを防ぐために、ICL手術は、手術前と手術後に目薬の細かな点眼や、様々な術後の制限事項が設けられています(詳しくはこちらの記事にまとめているのでご覧ください)。洗顔や洗髪などについても制限が設けられており、もちろん不便ではありますが、私もこうしたリスクを理解していたため細心の注意を図りました。

もちろんICL手術によって眼内炎を発症するのは非常にまれのようですが、念には念を入れることが何より大切です。

  • 医師の指導や術前術後の制限事項をしっかりと守ることが重要

ICL手術が原因で白内障になることはないか

目の中にレンズを挿入することで、白内障を発症しないかということも後悔・失敗例として聞くことがありますが、現在、ICL手術によって白内障が発症することはありません。

かつてはICL手術から10年経過した際に、3.5%の方が白内障となり手術が必要となったというデータも存在します(出展:Nakamura T. American Journal of Opthalmology 2019)。

しかしご安心ください。これはかつての穴が開いていないタイプICLレンズにおけるもので、最新のホール型ICLレンズでは白内障の発症率は0.4%くらいと言われています。さらに近視が強い方は通常より20年早く白内障になるとされているため、ICL手術関係なく白内障になりやすいのです。

ホール型ICLレンズの仕組みや歴史について、より詳しくはこちらの記事にまとめているのでご覧ください

  • 白内障は、老化に伴う現象で誰しもが歳をとると発症する病気、従ってICL手術と白内障は関係がない

まとめ

レーシック、そしてICL手術に関する失敗・後悔について、例とともにご紹介させていただきました。

ICL手術に興味を持った方は、こちらから近くのおすすめ眼科やクリニックを探し、まずは適応検査の受診と眼科医の先生への相談をしてみましょう!

(※ICLを検討している皆様の参考になればと思いますが、あくまで私個人のヒアリング・調査・体験を元にしたものです。繰り返しになりますが、全てを鵜呑みにするのではなく、正確な情報は必ずプロの眼科医の先生に確認するようにしてください)

無料での相談・適応検査が可能な眼科・クリニック

ICL手術で手に入る裸眼生活の快適さは言葉に尽くしがたいものがあります。

一方で自分で調べることには限界があり、適応検査で不適合となればそもそもICL手術を受けられないので、早めに適応検査を受診して知識をもった先生に相談することが一番です(適応検査を早めに受ける重要性についてはこちらで詳しく解説しています)。

ご紹介したように、品川近視クリニック(東京・大阪・名古屋・北海道・福岡)、先進会眼科(東京・大阪・福岡)、新宿近視クリニック(東京)ではICL手術をするか決まっていなくても無料で相談・検査が受けられるので、まずは早めに手術の可否を明らかにすることを筆者はおすすめします。

費用が高すぎてICL手術はちょっと……という場合でも、プロの眼科医の方に相談すれば比較的安価な最新のレーシック手術を受けるという判断もできると思います。

より詳しく聞きたい・判断がつかないという方は、ご質問・ご相談、受け付けているのでお気軽にどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です