ICL手術では1〜2%の確率で白内障・緑内障を発症?予防法も解説

東大・海外大を卒業後、外資メーカー・戦略コンサル・VCで勤務していた「チルbot」です!メガネ・コンタクト歴は20年以上、昼になるとドライアイで目がカピカピ。そんな状況を変えようと、医師の友人や眼科の先生へのヒアリングを経て2020年にICL手術を実施、視力は0.03から1.5となり夢の裸眼生活を実現。ICL手術は間違いなく20代での最高の投資でした。

(※私が受けたICL手術については、全国のおすすめ眼科を地域別にまとめているので是非参考にしてください  北海道・札幌  東北  埼玉  千葉  東京  神奈川  静岡  愛知・名古屋  大阪・関西  広島・岡山  福岡・九州 )

今回はこんな悩みを解決できる記事を書きました!

ICL手術のリスク・危険性の1つとして、白内障・緑内障の発症可能性がある、というものがあります。

数%という高い確率で発症するという情報もありますが、実はこれは過去の情報で現在は新型レンズの開発により改善済みです。

この記事を読めば、ICL手術で白内障・緑内障を発症するリスクがあるかどうかを理解することができます。

(※ICL手術が気になる方は、品川近視クリニック(東京/名古屋/大阪/札幌/福岡)、新宿近視クリニック(東京)では検査受診と眼科医への相談が無料でできるのでおすすめです(詳しくはこちらの記事をご覧ください))

※私たちのステマ規制への対応方針:当サイトの運営にあたっては、実体験を基に公平性・客観性を心がけ、読者の皆様を第一に取り組んでいます。企業から商品提供や広告依頼を受け、広告/PRの内容が含まれる場合もありますが、コンテンツの基準や判断軸には一切関与させておりません。

ICL手術で白内障・緑内障を発症するかどうか

それでは早速ですが、ICL手術で白内障・緑内障を発症するかどうかは以下の通りです。

ICL手術で白内障・緑内障を発症するかどうか
  • かつてはICL手術後に1〜2%の確率で白内障・緑内障を発症していたが、ホール型ICLレンズの開発により改善済み
  • レンズの大きさが合わないと白内障・緑内障を発症するリスクがあるので、事前検査が極めて重要

かつては数%の確率で術後に発症していた白内障・緑内障ですが、現在は改善されているのです。一方で、レンズの大きさが合わないと白内障・緑内障発症の原因になるため、事前検査の精度が非常に重要になっています。

それぞれについて、詳しく解説していきたいと思います。

かつてICL手術後に白内障・緑内障が発症した原因と解決策

それでは、かつてICL手術後に数%の確率で発症した白内障・緑内障の原因とその解決策をまずは解説したいと思います。

ICL手術で白内障・緑内障が発生した原因

初期のICL手術では、約1~2%の確率で白内障や緑内障の術後合併症が発生することが課題となっていました。

ICL手術の仕組みとは目の表面にコンタクトレンズをつける代わりに、目の中の空間(前房or後房)にレンズを入れて視力回復を図るものです。かつては目の中に埋め込まれたレンズが目の中の水の流れを妨げ、白内障や緑内障の原因となってしまうことがあったのです。

前房型・後房型、2種類のICLレンズ

当然このような課題を抱えたまま普及することはなく、レーシックなどの方が先に一般化していきました。

ホールICLレンズによる解決

しかしこの課題は、ホールICL(レンズ中央部に0.36㎜の小さな房水の循環孔が空いているもの)が誕生したことで解決されました。

中央に穴が空いたホームICLレンズのイメージ

レンズ中央部に極小の穴を空けることで、その穴を通して目の中の水の循環を健全に保つことができるようになったのです。

これによって緑内障・白内障のリスクも低くなり、2007年にはホールICLを用いた初めての手術が行われ、ICL手術は急速に普及するようになりした。(一方でホールICLにより「ハロー・グレア現象」が生じることにもなりました、詳しくはこちらの記事をご覧ください)

白内障・緑内障の発症を防止するICL手術のレンズの進化

さらに2016年には、レンズ全体の大きさを保ったまま光学部をより大きく再設定したレンズ・EVO+が開発されるなど、新型のレンズも次々に開発され、瞳孔径の大きな若年世代の患者や夜間の見え方の改善効果が期待されています。

現在のICL手術でも白内障・緑内障を発症する可能性はある

ホールICLレンズの開発によって、ICL手術による白内障・緑内障の発症確率は極めて低くなりましたが、当然「発生しない可能性はない」とは言い切れません。

結論としては定期検診で検知してレンズを交換すれば予防可能なものではありますが、どのような時にICL手術によって白内障・緑内障が発症するのか説明したいと思います。

ICLレンズが想定より小さいと白内障の原因に

ICL手術で挿入したレンズが想定よりも小さいと、レンズが動いてしまい水晶体にレンズが触れてしまうリスクがあります。そして水晶体にレンズが触れると白内障を発症してしまうこともあるのです。

これを防ぐために適応検査などでは目の中の空間の大きさや深さを測りますが、レンズ挿入後に目の大きさに対してレンズが小さかった場合にはレンズを入れ替える必要が出てきます。

ICLレンズが想定より大きいと緑内障の原因に

そしてICL手術で挿入したレンズが想定よりも大きいと、目の中の空間の水の循環に影響を与え、眼圧が上昇して緑内障を発症してしまうリスクがあります。

レンズが小さかった場合と同じく、レンズが想定よりも大きかった場合にはレンズを取り出して入れ替える・交換する処置が必要となります。

ICLによる白内障・緑内障を防ぐため、事前検査は極めて重要

ICLレンズの大きさが合わないことが白内障や緑内障の原因になることを伝えさせていただきました。

原因となり得ても検診で事前検知可能なものではあるのですが、起こらないに越したことはありません。こうしたリスクを防ぐために適応検査などでは目の中の空間の大きさや深さを測りますが、その精度が極めて重要ということです。

そのため、実績や経験が豊富な病院・眼科を活用することをおすすめします。実績や経験が豊富な眼科についてはこちらの記事で一覧化しているのでご参考になればと思います。

まとめ

レーシック、そしてICL手術に関する失敗・後悔について、例とともにご紹介させていただきました。

ICL手術に興味を持った方、不安や疑問についてプロの意見を聞きたい方は、無料で適応検査・相談を受けられる病院を活用するか、地域ごとのクリニックを受診して、プロの眼科医に聞いてみましょう!

(※ICLを検討している皆様の参考になればと思いますが、あくまで私個人のヒアリング・調査・体験を元にしたものです。繰り返しになりますが、全てを鵜呑みにするのではなく、正確な情報は必ずプロの眼科医の先生に確認するよう私からも推奨させてください)

無料での相談・適応検査が可能な眼科・クリニック

ICL手術で手に入る裸眼生活の快適さは言葉に尽くしがたいものがあります。

一方で自分で調べることには限界があり、適応検査で不適合となればそもそもICL手術を受けられないので、早めに適応検査を受診して知識をもった先生に相談することが一番です(適応検査を早めに受ける重要性についてはこちらで詳しく解説しています)。

ご紹介したように、品川近視クリニック(東京・大阪・名古屋・北海道・福岡)、先進会眼科(東京・大阪・福岡)、新宿近視クリニック(東京)ではICL手術をするか決まっていなくても無料で相談・検査が受けられるので、まずは早めに手術の可否を明らかにすることを筆者はおすすめします。

費用が高すぎてICL手術はちょっと……という場合でも、プロの眼科医の方に相談すれば比較的安価な最新のレーシック手術を受けるという判断もできると思います。

より詳しく聞きたい・判断がつかないという方は、ご質問・ご相談、受け付けているのでお気軽にどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!