【図解】乱視・遠視持ちのICL手術制限、費用やレンズがずれるリスクも解説

東大・海外大を卒業後、外資メーカー・戦略コンサル・VCで勤務していた「チルbot」です!メガネ・コンタクト歴は20年以上、昼になるとドライアイで目がカピカピ。そんな状況を変えようと、医師の友人や眼科の先生へのヒアリングを経て2020年にICL手術を実施、視力は0.03から1.5となり夢の裸眼生活を実現。ICL手術は間違いなく20代での最高の投資でした。

(※私が受けたICL手術については、全国のおすすめ眼科を地域別にまとめているので是非参考にしてください  北海道・札幌  東北  埼玉  千葉  東京  神奈川  静岡  愛知・名古屋  大阪・関西  広島・岡山  福岡・九州 )

今回はこんな悩みを解決できる記事を書きました!

ICL手術に関する不安としてよく聞くのが、ICLの実施可否に影響を与える角膜内皮細胞に関するもの、そして乱視に関するものです。

乱視持ち・遠視持ちの方はICLを受けられるのでしょうか?私自身は乱視持ちではないですが、乱視持ちでICLを受けた知人や眼科さんにもヒアリングした上で明らかにしました。

この記事を読めば、そもそも乱視とは何か、乱視持ちでもICLを受けられるのかがわかります

(※ICL手術が気になっている方は、品川近視クリニック(東京・大阪・名古屋・北海道・福岡)、先進会眼科(東京・大阪・福岡)、新宿近視クリニック(東京)では検査の受診と眼科医の先生への相談が無料でできるのでおすすめです(詳しくはこちらの記事をご覧ください))

乱視持ち・遠視持ちはICL手術は受けられない?

まず、乱視持ちの方でもICL手術を受けることは可能です。そして遠視持ちの方は問題なくICL手術を受けることができます(もちろん遠視の度合いにはよりますが)。

しかし、後房空間の形によっては乱視用レンズが回転したりずれるリスクがあったり、乱視の強さ・不規則さ(強度乱視・不正乱視)次第ではICL手術を受けることができないこともあります。

乱視持ちでICL手術を受けられるか
  1. 基本的には乱視持ちでもICL手術を受けることができる
  2. 後房空間の形次第では、乱視用レンズが回転する・ずれるためICL手術を受けることができない
  3. 乱視の強さ(強度乱視)・不規則さ(不正乱視)次第ではICL手術を受けることができない

(※これらについては検査をしないと判別できないため、無料で適応検査が受けられる眼科・クリニックで可否を早めに明らかにするのがお勧めです)

それでは、そもそも乱視・遠視とは何か、その矯正の仕組み、乱視持ちの方がICL手術を受ける際の注意点などを解説していきたいと思います。

近視・遠視・乱視とは何か?

そもそも近視・遠視・乱視とは何か、意外と知らないことが多いのでその仕組みを図解でわかりやすく解説したいと思います。

正しい目(正視)の仕組みと見え方を図解で解説

まずは正しい目(正視)の仕組みと見え方を解説します。

正視の仕組みとは、モノから発せられた光が水晶体を通して目の中に入り、網膜上で焦点が合うと目が見えるという仕組みです。

正しい目(正視)の仕組みと見え方を図解で解説

このようにはっきりと見えている目が、近視・遠視・乱視になるとどうなるかを解説していきます。

近視の仕組みと見え方を図解で解説

それでは近視の仕組みと見え方を解説します。

近視の仕組みとは、水晶体を調整している筋肉(毛様体)が弱って、水晶体及び、それを通る光の調整が効かなくなり、網膜上であっていたピントが、網膜よりも手前であってしまうというものです。

これによって、近視になるとはっきりと見えていたものがボケて見えるようになります。

近視の仕組みを図解で説明

近視の仕組みと見え方を図解で解説

続いて遠視の仕組みと見え方を解説します。

遠視の仕組みとは、水晶体を調整している筋肉(毛様体)が弱って、水晶体及び、それを通る光の調整が効かなくなり、網膜上であっていたピントが、網膜よりも奥であってしまうというものです。

これによって、近視になるとはっきりと見えていたものがボケて見えるようになります。

遠視の仕組みを図解で説明

乱視の仕組みと見え方を図解で解説

そして乱視の仕組みと見え方を解説します。

乱視の仕組みとは、角膜や水晶体の歪みによって、光が入ってくる向きによって屈折方向がバラバラになってしまい、焦点が複数できてしまうというものです。

これによって、乱視になるとはっきりと見えていたものがダブって二重に見えたりします。

乱視の仕組みと見え方を図解で解説

まとめ(近視・遠視・乱視の見え方とその原因)

以上、近視・遠視・乱視の見え方とその原因をまとめると以下の通りです。

近視・遠視・乱視の仕組みを図解で解説

ICL手術による乱視矯正の仕組み

乱視について理解したところで、ICL手術によってどのように乱視が矯正できるのかを解説します。

ICL手術による近視・遠視矯正の仕組み

せっかくなので、ICL手術による近視・遠視矯正の仕組みも解説させてください。

水晶体で光の屈折を調整できず、網膜からズレて前後でピントが合ってしまうというのが近視・遠視の仕組みでした。

ICL手術による近視・遠視矯正の仕組みは、レンズを眼内に挿入し、角膜や水晶体では調整しきれなかった光の屈折を正しく調整し、網膜上でピントが合うようにするというものです。

ICL手術による近視・遠視矯正の仕組みを図解で解説

ICL手術による乱視矯正の仕組み

それではいよいよ、ICL手術による乱視矯正の仕組みを解説します。

角膜の歪みによって光の屈折方向がバラバラになり焦点が複数できてしまうというのが乱視の仕組みでした。

ICL手術による乱視矯正の仕組みは、角膜の歪みと反対方向の歪みを持った乱視用のICLレンズを眼内に挿入することで光の歪みを打ち消し、網膜上でピントが合うようにするというものです。

ICL手術による乱視矯正の仕組みを図解で解説

これは乱視用のメガネやコンタクトと全く同じで、そのレンズが目の中にあるか、外にあるかという違いのみです。

乱視持ちでICL手術を受ける際の注意事項

そして乱視の方がICLを受ける際の注意事項は、以下の通りです。

乱視の方がICLを受ける際の注意事項
  1. レンズがずれる、回転するリスクがあるためICL手術を受けられないことも
  2. 乱視の強さ次第(強度乱視)ではICL手術を受けることができない
  3. 乱視の不規則さ次第(不正乱視)ではICL手術を受けることができない
  4. 乱視用のICLレンズは通常のICLレンズよりも費用が高い
  5. 軽度の乱視の方は通常レンズでも乱視が解消されることがある

どういうことか、それぞれ見ていきたいと思います。

①レンズがずれる、回転するリスクがあるためICL手術を受けられないことも

注意事項の1つ目は、後房空間の形次第では乱視用レンズがずれる、回転するリスクがあるためICL手術を受けられないこともあるというものです。

そもそもICLの仕組みは、目の後ろ側にある「後房空間」というスペースにレンズを挿入することで視力を回復するというものでした(より詳しくはこちらの記事をご覧ください)。そして挿入されたレンズは強い衝撃などを受けると回転することがあります。

「回転する」というと恐ろしく聞こえるますが、コンタクトレンズも同じく回転することはあるので、通常レンズであれば全く問題がありません。しかし、これが乱視用レンズになると話が変わります。

前述したとおり、ICLの乱視用レンズは乱視用コンタクトレンズと同じく角膜の歪みを打ち消す形をしています。このレンズが目の中で回転したりずれると「歪みを打ち消す向き」が変わってしまい、結果として乱視が補正できず、さらにブレがひどくなってしまうこともあるのです。

そして以下の図のように、レンズを挿入する後房空間が楕円状ではなく真円状の場合、レンズが固定されないため回転しやすくなってしまうです。よって、後房空間が真円状の方はICLの乱視用レンズを用いるのが難しい可能性が高いです。

後房空間の形とICLレンズの関係

後房空間の形は眼科での精密検査でなければ調べることはできないので、まずは適応検査を受診して確認いただくことをお勧めします(無料で適応検査を受診できる全国の眼科はこちらの記事でまとめています)。適応検査の結果を踏まえて眼科の方が言及してくれるとは思いますが、不安な方は自分から聞くようにすると良いと思います。

②乱視の強さ次第(強度乱視)ではICL手術を受けることができない

注意事項の2つ目は、乱視の強さ次第、つまり強度乱視の方はICL手術を受けることができないというものです。

そもそも、乱視の強さはCYL(乱視度数)という数値で表されます。「CYL(C、CYとも)」は、Cylindrical(シリンドリカル)の略で角膜と水晶体がどれくらい歪んでいるのかを示す数値です。

単位は「D(ディオプトリー)」で、この数値が大きくなるほど強い乱視用のものであることを示していますが、CYL-0.75以下の弱い乱視は近視用・遠視用のレンズでもある程度補正されます。

そしてICLに関しては、ICLレンズの製造会社・スターサージカル社のガイドラインによると、乱視用ICLレンズを利用することができるのは、円柱度数が+1.0D~+4.0Dの患者であると定められています。つまり+1.0D~+4.0D以上の強度乱視の方は、乱視用ICLレンズでもICL手術を受けることができないのです。

③乱視の不規則さ次第(不正乱視)ではICL手術を受けることができない

注意事項の3つ目は、乱視の不規則さ次第、つまり不正乱視の方はICL手術を受けることができないというものです。

乱視の不規則さは「AXIS(AXとも)」という乱視の軸の角度(乱視軸)を示す数値で表されます。乱視には、角膜が縦につぶれたようなもの、横につぶれたようなもの、斜めにつぶれたようなものなど様々な種類があり、それによって乱視の角度が細かく異なります。その角度が「AXIS」として0〜180度の角度の数値で表されるのです。

通常の乱視は、眼鏡やコンタクト、ICLによって歪みを打ち消すことで矯正が可能ですが、不正乱視(規則性のないデコボコした乱視)はこうした矯正が不可能です。ハードコンタクトレンズや特殊なコンタクトレンズでの矯正が必要となるため、乱視用ICLレンズでも乱視矯正ができないのです。

④乱視用のICLレンズは通常のICLレンズよりも費用が高い

注意事項の4つ目は、仕方ないことではあるのですが、乱視持ちの方がICL手術を受けると乱視なしの方よりも費用が高くなってしまうというものです。

地域別にまとめるとざっと以下の通りですが、乱視の方がICL手術を受ける際の費用は、片目で5万円程度、両目で10万円程度高いことが一般的だとわかります。

乱視なし乱視あり
北海道のICL手術の費用相場639,250円(税込)732,285円(税込)
東北地方のICL手術の費用相場735,000円(税込)735,000円(税込)
東京都内のICL手術の費用相場663,763円(税込)722,635円(税込)
愛知県(東海地方)のICL手術の費用相場705,583円(税込)782,818円(税込)
大阪(関西地方)のICL手術の費用相場615,923円(税込)706,692円(税込)
広島・岡山(中国地方)のICL手術の費用相場671,666円(税込)785,000円(税込)
福岡(九州地方)のICL手術の費用相場568,000円(税込)623,714円(税込)
全国の地域別ICL手術費用相場・平均価格

⑤軽度の乱視の方は通常レンズでも乱視が解消されることがある

最後の注意ポイントは、乱視が強すぎず軽度であれば、通常のICLレンズの手術で乱視が解消されるというものです。

ICL手術では、目の中にレンズを挿入するために角膜に3mm程度切れ目を入れます。この切れ目が入った角膜が自然治癒し、本来の形に戻ろうとする修復作用が働くことで、乱視が改善されるのです。

そのため乱視の程度によっては、眼科の先生から乱視レンズではなく通常レンズを推奨されることもあります。

まとめ

以上より、乱視の方がICLを受ける上には以下のチェック事項を明らかにする必要があります。

乱視の方がICLを受ける上でのチェック事項
  1. 後房空間が楕円形か真円形か
  2. 乱視の強さはどの程度か
  3. 乱視の不規則さはどの程度か

これらを事前検査で明らかにしなければ判断がつかないため、ICL手術に興味がある方は、こちらから近くのおすすめ眼科やクリニックを探し、前述した通り、まずは適応検査の受診と眼科医の先生への相談をしてみましょう!

(※ICLを検討している皆様の参考になればと思いますが、あくまで私個人のヒアリング・調査・体験を元にしたものです。繰り返しになりますが、全てを鵜呑みにするのではなく、正確な情報は必ずプロの眼科医の先生に確認するようにしてください)

無料での相談・適応検査が可能な眼科・クリニック

ICL手術で手に入る裸眼生活の快適さは言葉に尽くしがたいものがあります。

一方で自分で調べることには限界があり、適応検査で不適合となればそもそもICL手術を受けられないので、早めに適応検査を受診して知識をもった先生に相談することが一番です(適応検査を早めに受ける重要性についてはこちらで詳しく解説しています)。

ご紹介したように、品川近視クリニック(東京・大阪・名古屋・北海道・福岡)、先進会眼科(東京・大阪・福岡)、新宿近視クリニック(東京)ではICL手術をするか決まっていなくても無料で相談・検査が受けられるので、まずは早めに手術の可否を明らかにすることを筆者はおすすめします。

費用が高すぎてICL手術はちょっと……という場合でも、プロの眼科医の方に相談すれば比較的安価な最新のレーシック手術を受けるという判断もできると思います。

より詳しく聞きたい・判断がつかないという方は、ご質問・ご相談、受け付けているのでお気軽にどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。